前田におくるため息をひとつ


Thanks To: ryu@都筑 san, u-ogeshi san, Seiji Nobuta san, REMI san, FUJINO Ryoichi san, 静岡の柔道家MH君
Subject: Re: ModemUp! 56K ?? From: Tomohisa Sakata Date: Wed, 03 Feb 1999 02:01:20 +0900 --------   ■□ サカタ@メーカー不明製336モデムと申します /~~ In < Re: ModemUp! 56K ??> , ryu@都筑 san wrote: > 私はモデムの追加設定で > AT\J0 (cr) AT&W (cr) AT\L1-K1 > としています。これは効果があります。コンスタントに上記パフォーマンスが > 出ます。  これを試してみましたところ(※)、本当に速くなっちゃいました。体感比 1.5 倍です。不思議不思議、どうもありがとうございました。これらのスイッ チはなにを表しているんでしょう?  ※ Win 95 の追加設定では1行しか入力できないので、 「AT\J0&W\L1-K1」と入力。(cr) って入力できるんですか?  それにしても不思議不思議、どうもありがとうございました :-)。
Subject: Re: ModemUp! 56K ?? From: Tomohisa Sakata Organization: Inet Chubu (Nagano) Date: Fri, 05 Feb 1999 04:08:28 +0900 --------   ■□ サカタです /~~ In < Re: ModemUp! 56K ??> , u-ogeshi san wrote: > http://www.qent.med.kyushu-u.ac.jp/higa9803.html#980314 > http://www.qent.med.kyushu-u.ac.jp/higa9803.html#980320 > とか読んでみそ。 > 更に良くなるかも。  うんむ〜、こんな方法があったとは。興奮しつつこの推奨パケットサイズも 試してみました。結果は、......違いを体感できず。ネットワッチャーなどに よる精緻な計測と詰めが必要なようです。  しかしそれはともかく、ここの Webmaster 氏のありとあらゆる着想がおも しろいですね。世の中には偉大な人物が多いのだと思うインターネットな日々 です :-)。
Subject: Re: おすすめサッカー書籍 From: Tomohisa Sakata Date: Thu, 11 Feb 1999 02:01:04 +0900 --------   ■□ 長野はカナダより寒いサカタです /~~ In < おすすめサッカー書籍> , Seiji Nobuta san wrote: > このNGでの書き込みでも見かけましたが、 > 「中田英寿 鼓動」 小松成美著  幻冬社 ¥1600+税 > 大作ですな!  私も読みましたです。めっちゃ面白いですね。今まで語られなかったマスコ ミがらみのトラブルやいさかいが全て暴露され、「なるほどそれで中田はあん なに怒っていたのか」と丸く納得しました。  がしかし。だがしかし中田よ。隠された秘密がこんなにあるのは分かったが、 な ぜ 隠 す の だ \(~o~)/!!  小出しにせずためておけばこうやってすばらしいインパクトで遠くへ飛ぶけ ども、遠くに飛ばしてなにになるのかね。自分が傷つくだけじゃないかね。言 いたいことは言えばいい。その場でリアルタイムで戦うのが、たとえ傷ついて も一番すっきりするだろうに。  それをうまく表現できないところが若さゆえ苦しみ〜初めてのくちづけに〜 タイプの苦悩であるのなら(あるいはサッカーで忙しくてそれどころではない のであれば)、本に登場する中田のまわりの大人たちも中田の言いたいことを もっとストレートに代弁してやればいいのに。小松さんや Number のなんとか 氏(名前忘れ)みたいに、こうしてためておいて本を売らないで。  彼の Web ページやこういった書籍で見る姿と、マスコミを通した姿が食い 違い過ぎるのは、マスコミのせいだけじゃないと私は思うのです(もちろんマ スコミの方が圧倒的に阿呆なのだとは想像する)。
Subject: Re: 鈴木あみひどすぎませんか? From: Tomohisa Sakata Date: Wed, 03 Feb 1999 00:41:20 +0900 --------   ■□ サカタと申します /~~ In <793kqu$r22$1@nn-tk001.ocn.ad.jp> , REMI san wrote: > 鈴木あみの「White Key」(ですよね?タイトル気にしてないんで。) > あの歌ひどすぎませんか? > 最近頻繁に耳にするんですけど、耳障りでしょうがありません。 > あのサビの高音が続いてる所。  ヒットチャート番組を見ているといまの日本のポップ音楽の歌手には、「超 音波型」と、身体能力的にそこまでいかない「声張り上げ喉壊滅型」が存在す るなと感じます。前者の代表は ♪ロマンスの神様どうもありがとう〜  と昔歌っていた女の人で(すみません名前分からず)、この人の先ごろのヒッ ト曲(「♪永遠に愛してる、ずっと〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」という歌)な んて、曲調も声もとてつもない音現象だと思いました。ビデオゲームの永遠に 繰り返す電子音のようだ。人によっては、すりガラスに爪を立てた音と同じよ うに、彼女の声には耐えられないんではないかと思います(うちの同居人がそ う)。  私もあまり彼女の高周波ボイスは好まないんですが、ところが不思議なもの でこの「ずっと〜〜〜〜〜〜〜〜〜」がラジオなどから聞こえてくると耳をそ ばだててしまうのです。うわあの歌だと半分くらい熱心に聞いてしまう。どう も日本人にはほら、すごくおいしいとは思わないくせにカップラーメンを時々 食べたくなるとかそういった、悪食(あくじき)癖があるのではないかと我な がら思うのです。  後者の喉壊滅型の人々の歌も、普通に聞いたら絶対歯が浮き不快そのものな んですが、この日本人の悪趣味嗜好の部分にどこか訴えかけるものがあるので はないでしょか。音声振り絞りメーター振り切れ歌手なんて、日本にしかいな いと思いますから(ヘビメタとか特殊分野はまあ別にして)。  しかしこの鈴木あみさんよりもひどい人はたくさんいますよね、GLAYと か、数え切れぬほどあるティーンエイジガール3〜8人組のグループとか、私 の悪趣味愛好ごころではこなしきれません。
Subject: Re: HIROSE Kohmi (was Re: 鈴木あみひどすぎませんか?) From: Tomohisa Sakata Date: Wed, 03 Feb 1999 14:52:00 +0900 --------   ■□ 低周波治療器愛用サカタです /~~ In <798kfv$cv7$1@ns.kix.or.jp> , FUJINO Ryoichi san wrote: > 藤野と申します. : > 広瀬香美ですね. そんなに高音はりあげてましたっけ... > 確かにそういう傾向はありますね. > 私は彼女の特徴は演歌みたいなコブシにあると思いますが.  あ、それも実はうすうす感じておりました。演歌というか民謡歌手と似たビ ブラートなのではないかと。すばらしいお耳をお持ちの藤野さん。  彼女の歌ってる内容は現代的でよいのですが、思想的に古い演歌っぽい若者 音楽が多くていささかうんざりしております。70 年代ニューミュージックシ ンガーでも言わなかったようなベタさ(「あなたを大切にしたいと思うよ」な ど)と、ロックバンドなら絶対に使わないようなリズム感を兼ね備えたバンド だとか。 >> も日本人にはほら、すごくおいしいとは思わないくせにカップラーメンを時々 >> 食べたくなるとかそういった、悪食(あくじき)癖があるのではないかと我な >> がら思うのです。 > > (笑). 私は単純に広瀬香美が好きですが. # 最近判明した(笑). > > 流行ってるものに悪趣味のレッテルを張りたがるのも > 日本人の悪い癖ですかね(笑).  そういうふうに「おフランスでは〜ざます」赤塚不二雄型の意見だと取られ てしまうと、オロカなことを書いたと私は反省してしまいます ^_^;)。実は私 も単に広瀬さんの歌が好きなのかもしれません、ハイ。詳しくはまた後ほど。
Subject: Re: 前田日明について From: Tomohisa Sakata To: 静岡の柔道家MH君 Date: Wed, 24 Feb 1999 01:20:24 +0900 --------   ■□ ともです /~~ In < 前田日明について> , MH san wrote: > それでは本題「前田 日明」についてです。 : > 私はカレリンが行われた翌日にスポーツ新聞を買いに行って読みあさり昨日ニ > ュース番組で前田、カレリンの試合ダイジェストを観ました。  うーん! 強かったですねあの人。インターネットの Newsgroup に僕が書 いた感想文をとりあえず。 ==== ◆ ========== ◆ ========== ◆ ===== Subject: 前田におくるため息をひとつ Date: Mon, 22 Feb 1999 19:33:20 +0900 「戦績に負けやドローを加えたくない(成瀬談)」ために命を懸けているブラ ジリアン柔術の人たちが続いた後だっただけに、あのロシアコーカサス山脈 (命名適当)のごとき雄大な態度にはハナから打たれました。手が合わずつま らん試合になるんじゃないかと思ってたんですが、相手の器が違いましたね。  前田を掴むときちんと自分の得意技、投げとねじりで向かってくるカレリン。 前田の重そうな体がカレリンの力でくるくると投げられることに、観客がうれ しい驚きを表してました。リフトはカレリンのサービスっぽかったですが(そ ういう感じの気性の穏やかさを発散させていた)、首投げは実が詰まってまし たね。グラウンドになると華やかな技はなにもないのに、腕や首の手近な部分 を手に取ってクイっとひねるだけでダメージを与えていくという感じ。まさに 人間以外の存在。  ラウンド2に入ると前田が動けなくなってしまったのは、首に対するネジ切 り攻撃が効いていたんでしょうか。それとも前田の 40 歳ボディがそこまでだっ たのか。前田にできることはスタンディングになったときにローを打つことだ けだったんですが、彼の頭にカレリンの手が載るとそこまでで、まるで腕を振 り回す子供を大人が押さえつけるようでした。それだけで前田は体のコントロー ルを失ってしまう。そこから始まる首への攻撃はどんな形であっても(ナデナ デしながら手前に引っ張るだけ!)明らかにしんどく効いてました。伝説に聞 く、アンドレの本気フルネルソンを想起させました。  関節技もなにもできない前田。技の種類は前田のほうがあるはずだけれど、 自分の体のどこも取らせないカレリンのうまさと力が上。長い試合に慣れない (であろう)カレリンもスタミナは尽きているのですが、腕力はそう落ちるも んじゃないので、カレリンはいつまでも同じようにクイっクイっと攻め続けて いましたね。  ハイキックを打ってくれと糸井重里は祈るように叫んでました。そういう奇 跡はともかく、とにかくどこかカレリンの体の一ヵ所を取ってほしかった。痛 がらせてほしかった。序盤死ぬ気で打撃(特に頭部への掌底打ち)で突き進ん でいればもうちょっとどうにかなったでしょうけれど、カレリンの指ふらふら の威圧感を押し返せない、今の前田の気力がそこまでだったのでしょう。私は けっこうため息が出たです。  日本格闘技の力はどこででも通用すると私は信じているし、若手対ブラジリ アン柔術の試合でもそれは確認できるのですが、それを前田が見せることはで きないまま終わってしまったと思いました。ワールドカップで僕らがアルゼン チン・クロアチアを倒せなかったように、さびしかったです。4年後もないし な。 ==== ◆ ========== ◆ ========== ◆ =====  という感想でした。 > なんかサイボーグみたいですね、カレリン。表情も出さないしヒクソンもそう > でしたけど格闘家というよりも軍人の白兵戦が得意な士官のような。クールで涼 > しい顔をして相手を倒す。二人とも打撃系ではないので一撃必殺ではないのでし > ょうけど淡々と攻めれる気がします。  試合全体とそのあとの様子を見ると、カレリンはクールというよりは、自信 があるから徹底して落ち着いていたんだと僕は思いました。逆に前田は自信が ないから今一つ攻めていけないうちに、パワーと技で絡め取られてしまったん だと思います。カレリンの手のひらが頭に置かれると、たぶん誰も逃げられな いのだ(恐怖)。試合後はジョギングで控え室に帰っていったからねー、あの 人。 >> ともあれ、前田はここ1年くらいかなり無様なコンディションになってい > > それでもトモさん、テレビのシーンだけですが前田の体調は決して悪くはな > かったのではないのでしょうか?。一時、腹がでて丸くなった姿でリングに上 > がっていたと思うので。トモさんが書いているほど動きはわるくなかったのでは > ないのかと。でもスタミナはなかったですね。それだけ相手のパワーが凄すぎた > のだと思います。  コンディションは、やっぱり鍛え直しただけあって非常によかったみたいで すね。だからこそその力を出せないまま圧倒されくるくると丸められ畳まれて しまったのがくやしいのです。くくく。 > あとキックを出すにしてもK-1の選手のようにはいかないとしてももっとコ > ンビネーションを使いいけばと思ったのですが。右のローで出方をうかがい間 > 合いを取るというのもまた作戦でしょうが組んでしまったら分が悪いと知って > いたはずですから。相手をコーナーに追い込むようなキック、追い込めたら膝、 > 頭が下がれば顔面ハイ・キック。  寝業がある相手だと、どうしても脚を取られる心配があって力いっぱいミド ル・ハイキックは打てないと思うんだよね(前田のキックは速くはないし)。 ローキックはそれなりに打てるけど様子見にしかならないし、太股にダメージ を積み重ねられるほどの時間はないし。もう一度チャンスがあったら、今度は 掌底ラッシュから膝蹴りに持ち込んで少しは有利に進められるだろうけど、も う一度は二度とないのがさびしいですね。 ---------------------- > 長井はやはりレスラーなんですよね。K-1選手とやるとやはり腰がひけて > いてどうしてもロープを背に戦ったますね。背を伸ばしてパンチ、蹴り勝負に > 出ると恐い(相手の方が強いと察知して)のでガードをするのに一生懸命で出 > すキックが腰が引けれるから重そうではなくて。見た目の感じがまだレスラー > です。  なるほどー。やっぱり打撃から寝業に持っていく攻撃が骨身についてるだろ うから、半分しか使えないと力も出せないんだろうね。私は長井が嫌いじゃな かったので、頑張ってほしい。山本よりは長井の方がうまいとずっと思ってた んだよね。向こうっ気の強さで完全に追い抜かれてしまったけど。 > 前田も田村がリングスに来てくれたり山本が成長、あと名前は忘れましたが専 > 修大柔道部出身の顔がごっついやつ。彼らが急成長してしまい「田村なにボケっと > しとるんねん。」となってしまったんでしょうね。G馬場とJ鶴田みたいな師弟 > 関係はなかったのですね二人には。  田村はわりと前田に対して冷めた気持ちを持ってるのかなと思ってたんだけ ど(事情は知らないんだけど UWF 時代前田によく扱われなかったらしい)、 前田の試合の前に「リングススタイルを受け継いでいきます!」ってマイクを 取って叫んでました。それはそれでうれしいし、高坂もじつにすばらしい選手 なんだけど、どちらも「最強」だなんて言葉にこだわりはなさそうで、身の丈 に合った最高の技術を追及していくんだろうなあと思います。うちらの選手が 最強になるという夢は、馬場・前田なき今もう見られなくなっちゃったね(誰 もそんな希望は持ってなかったか)。  それにしても高坂って柔道家だったの? 彼は今すばらしいよ、キックも投 げも寝業も防御も。MHくんもこの際キックと寝業をちょっと練習して、総合 格闘家になりましょう。静岡に行ったときに寝業を教えてください。  あそうだ、これなんだけど > それともしよろしければ披露宴の余興にギターを弾いてくれませんか?。 > もちろんトモさんが一人ではちょっとも思われるのでしたらしょうがあり > ませんが一曲でも1分でもやってくれた嬉しいです。お考えください。 > なんならトモさんが弾いて私が歌いましょうか?、!!!。  Mが歌がめちゃうまいので、「数百人の初対面の静岡ピープルの前に立って 歌って長野県民の心意気を示そうではないか」と今そそのかしたんだけど、 「3人以上の目前で歌うのは絶対嫌だ」とのことでした。くそー。私がギター を弾くからMHくんとKOさんで「Lean On Me」を歌ったらどうでしょうか。 KOちゃんがノバスコシアのキャンプでこの歌を歌っていたのを私は覚えてい るよ。 ---------------------- >> も始まるね。セリエは見てないだろうけど、中田は本当に素晴らしいよ。日 >> 本の新聞の賛辞は常に持ち上げ過ぎなのであてにはならないけど、見ていれ >> ば誰にだって中田の素晴らしさはしみじみ分かる。22 歳であれだけいいプ >> レーをしていて、かつ毎試合伸びている選手なんて、ヨーロッパでもそんな >> にいないんじゃないかな。これからも彼を代表とする日本サッカーは楽しみ >> です。じゃまた。 > > 中田凄いですね。サッカーニュース、新聞で彼の活躍を知るのですが私が思っ > ていた以上に凄いです。カズもクロアチアに渡ってプレーしているみたいですが > イタリアのリーグは相当レベルが高いのでしょう?。  チームが押し込まれて中盤を支配されてるときには中田もひ弱に見えてしま うんだけど(相手はオランダ代表とかだから当たり前か)、そんなときでも中 田は一人工夫して、なんとかしようとしていることが多いです。でも最近はや や手詰まりで、することないという感じで走っているなー。もう中田の頭上を クリアボールが超えていくのを見るのにはいささか飽きてきたので、もうちょっ と強いチームでどこまでできるのかを見てみたいところ。来シーズン移籍がう まくいったらいいんだけど。あるいはペルージャの中盤、中田に近い場所にド リブラーが入って中田が楽になれば面白いんだけどね。  カズがいま調子いいと聞くと、肝心の去年だけ駄目だったのかと気の毒になっ てしまうね。去年おととしなんて、Jの若手DFですらカズを止めてみせてい たからなー。 > それではまた連絡いたします。身体には十分お気をつけて生活をなさってくだ > さい。3月に式のあとの2次会にはこの前お知らせした人以外にも出席してくれ > るということなので。楽しみにしていてください。  いまちょっと、やっていて自分の能力に自信をなくすような難しい仕事が入っ ていてめげているので、それが終わってから向かう静岡の春風を思っては歯を 食いしばっています。頑張って終わらせよう。それではまた。

目次へ(index)