つるの恩返し
From: Tomo Sakata (sprynet.com)
Newsgroups: fj.rec.outdoor
Subject: つるの恩返し (Tsuru No Ongaeshi)
Date: Sat, 12 Oct 1996 06:55:52 GMT


  ■□ サカタ@カナダです、バンクーバーも秋ですと無意味な一篇を

=================
■ 96/10/11(金) 	 □ つるの恩返し
=================

     昨夜の土砂降りから一転、一夜明けたら秋晴れになっていた。全く不
    思議な町だ。空気がひんやりとして気持ちいい。風邪で休養中のMのめ
    んどうをみつつ仕事。

     昼間、窓にごつんとなにかがぶち当たった大きな音がした。あ鳥だな!
    と思ってベランダを見ると、スズメより大きなきれいな鳥が、完全に脳
    震盪を起こしてベランダにうずくまっている。すぐに立ち上がったが、
    ふらふらして飛び立てず、空に向かってくちばしをつきたて苦しそうに
    息をしている。かわいそうに、でもあわてるな、しばらくすれば飛べる
    から。それまで猫など来なければいいな......と思ってると猫がふらふ
    らとやってきた (^_^;)。

     大慌てで反対側の窓を開けて、猫よ猫よこっちこっちと手招きをする
    のだが、警戒してやってこない。頼むベランダには行くなと食べ物でつ
    ろうと思い、台所でなにかないかと探していると、窓ごしに鳥を観察し
    ていたMが悲鳴を上げて窓を開いた。「あっちへ行けこのバカ猫!」─
    ──猫が、まさに鳥を襲おうとしていた。外からは死角なのに、なんで
    そこに鳥がいると分かるのだ、おそるべし猫のカン。フェンスの上に飛
    び乗って、Mの隙を見てベランダに降り鳥に飛び掛かろうとしている。
    鳥はまだそれどころではないよ私はクラクラといった状態。

     猫を近寄らせるな! と叫んで傘を握って玄関から外へ飛び出し、猫
    のところへ走って行き追っ払った。しつこそうな奴だったので 50m ほ
    ど執拗に深追いして傘を振り「いいかお前俺は本気で叩くつもりなんだ
    ぞ」と示威行為。叩くつもりなんかさらさらないけど、あわれな鳥を守
    るためだ。

     それからベランダに戻ってみると、ちょうど回復した鳥が飛び立った。
    あ、やった。───がしかし、まだ本調子じゃないようでフェンスの上
    に留まって休んでいる。頼むから高い木の枝まで飛んでから休んでくれ
    というのだが聞く耳持たず、俺から数mの距離で鳥はじーっとしていた。
    仕方がないので、猫から守るためにそこに俺も立っているしかないのだっ
    た。......まあいいか、仕事で疲れたし、秋の気持ちのいい空気と透き
    通った陽射しをあびて、お前が高くへ飛べるまで待とう。

     なんていう鳥なんだろう、喉に縞が入っている。こんなとき図鑑があ
    ると、よしはらさんのようになんでも分かって面白いだろうな......な
    どと考えていると、別の猫が道を渡ってこちらにやってきた。「とわーっ」
    とアホの声を出して威嚇し追い払う。やがて鳥は 10 分ほど経つと、ふ
    らふらとどこか頼りなげに飛び立って行った。町中では猫以外に天敵も
    いないだろうし、大丈夫だろう。

     あの鳥はきっとしばらくすると雪の晩に、とんとんとドアをノックし
    て美しい娘さんとなってあらわれ、パタンパタンと機を織りながら我々
    に大判小判と米百俵を届けてくれるであろうというと、Mはなんだそれ
    は「ムーンレディ」の伝説かと言っていた。そうじゃないけど、なにか
    いろんな話が混じってるかな、もしかして。
 ┌───┐
 │サカタ│
 └───┘

目次へ(index)