アジアカップ・中国戦

  ■□ Kくん

  アジアカップ・サッカー全部見ました。ふー、サンキュー。うれしい。.
 .....ああしかしこれが今年最後の日本代表かと思うとさびしいぜ。あと2
 試合くらい当然あると思ったのに (=_=)。長くなるけど、また感想を書か
 せてくれ。

    ----------------------
 【中国戦】 中国速い。あまい横パスはあぶないなという感じ。縦へ放り
 込むタイミングも早い。しかし日本はぜんぜんテストメンバーを使ってな
 いんだ。うーん、加茂監督ってなんというか試さない人だなあ。岡野右か
 ら切り込む、倒されてボールが前園、がカズまで通らず。惜しい。中国の
 ヘッド、高い。中国はダイナスティカップでもそうだったけど、見てて気
 持ちのいい運動選手が多いなあ。

  が、日本は中盤から上プレスを効かせているので中国のスピードを封じ
 ている。しかし日本もこれといって攻め手がないな。今日は名波の動きが
 ヘンだ。......あそうか、本田がいるということは名波は前に入ってるん
 だ。DHの位置で攻撃を狙った方が持ち味に合うと思うんだが。すると右
 に前園か。こないだの試合を見た感じでは右の方が動きやすそうだったけ
 ど、今日の調子はどうなんだろう。......あ、森島が抜けてるのか。調子
 わるかったもんなー。体調を崩してるんじゃないだろうか。日本チームが
 アラブ食を強制されたというのは事実なんだろうか (笑)?

  相馬のセンタリングがカズへ! オフサイドじゃない?! あーっトラップ
 してる間にDFに追い付かれた。あれを決めたら大スターなんだけどな―。
 相馬は前の2試合よりはるかによさそう。

  日本はグラウンダーで岡野とカズに当てて攻めようとしてるんだけど、
 きちんとマークされていて 100% カットされてしまう。スペースがあれば
 岡野も走るんだろうけど、これでは全く攻めパターンにならん。名波が前
 にいると、本田・山口あたりでは攻撃の第一パスが明らかに遅く(タイミ
 ング)、よわいなー。前園は第1戦のときと同じくらいいるかどうか分か
 らないという感じ。

  中国のアタック。日本は戻っていたけど、流れるボールをゆっくり見て
 いるので危険な地域で中国ボールで何プレーかが過ぎる。ああいうことし
 てると本来ならどんどん点が取られてしまうよ。この試合は力を抜いてやっ
 てるということなんだろうけど、あまりいい気持ちはしないな。中国はみ
 んな岡野という感じで (笑)、速いけど足技が拙く決定力がないけれど。

  前半終了。はあ、なんかじれったいのお。リラックスしていてもいいけ
 ど、アイデアがないのとミスが多いのはイライラするぜ。あ、岡野に替え
 て城。ポストに使えるだろうか。

    ----------------------
  日本膠着状態から初のカウンター、前園→城からカズ、シュートまでは
 打てず。それで日本のペースがしゅっと上がって攻める......のだが、前
 園ってどうしてこうトラップが大きいんだろう。プレスがかかると精神的
 にボールをコントロールできないんだろうか。城はボールキープに非常に
 頑張っている。......しかしフラストレーションがたまるな。「引き分け
 でいいから攻めない」というよりは、下手だから8分の力ではなんにもで
 きないというだけではないか日本 (=_=)。レギュラーメンバーでこの調子
 では、サブを試してる余裕なんてないよなあ、ゲームをしながらレギュラー
 のコンビネーションをなんとか上げていかないと。

  柳が右を抜けてセンタリング、いいボール。あれくらいのがいつも上げ
 られるならスピードが生きる。カズ→前園→名波→城ときれいにショート
 パスがつながった。フィニッシュがはずれたが、気持ちよい。こういう本
 番でも、これくらいは常にできてほしいな。フレンドリーならもっと強い
 相手にこれができるのだから。

  中国のカウンター! 柳が袖を引っ張って倒したのだがPK出ず、助かっ
 たー。完全に抜かれた、速かったー (驚愕)! この中国17番いいなー。
 岡野もオープンスペースだけでなく、こういう隙間も突破できないと自分
 でなかなか点は取れないだろう。

  カウンターがこわい以外は、完全に日本のボール支配時間になった。中
 国DFの人数がそろってるので、日本の苦手な(まあ得意な国なんてない
 んだろうけど)遅攻を続けている。放りこみ以外で点を取ってほしいなあ。

  お、前園がDFを背負って二人抜き、カズ→名波とシュートにつながっ
 た。それでいいのだ。柳から城、ボレーシュート! かー、中国DFが大量
 に立ってるのでゴールマウスまで抜けなかったが、見事なジャストミート。
 城はああいう込み合った地域での咄嗟の判断にすぐれてると思う。城はオ
 リンピック予選時のときのようにいい。高木よりも城を使ってほしい。うー
 んこの二つの攻撃は非常によかった。これだぜ。

  シュートまで持って行けるほど攻撃の精度が上がってきたので、中国の
 DFのラインが下がり、前園・カズあたりも前半より楽に動けている。─
 ──あ、中国が引き分け狙いで完全自ハーフ回しに切り替えてしまった。
 ありゃー。柳に替えて秋田、ありゃー。日本も守備固めではなんなんだと
 いう感じ。

  ロスタイム、日本ももうこれで終わりだという姿勢から、それでも潔癖
 性的な攻めを見せ、カズ→前園→城のヒールときれいに流して相馬がシュー
 ト、入った〜 :-)。後半の攻めの集大成といえる、らしい攻撃だった。こ
 れでいいのだ。高木の頭ポンで点がとれる確率なんて、誰にも永久に分か
 らないのである。こうしてまじめに苦労して点を取るのが一番 :-)。

  加茂監督、うれしそうな顔をしつつひとつも質問に答えない。なんつー
 強烈なたぬき親父なのだ (笑)。



目次へ(index)