バイク開眼
==============================================================
■ 97/02/18(火) 	 □ ローカライゼーションはたいへん
==============================================================

     DB からポストカード e-mail が届いてた。KT もそうだし、M の友だ
    ちはみなかわいいところがあるな、メールでつながっていることのよろ
    こび、ネットの素朴なワンダーに熱中していて :-)。速攻で DB にお返
    しの写真 URL を送って出勤。

    ----------------------
     19:15 ふー。疲れた。たった1つのプログラム日本語化のために、な
    されねばならないことは驚くほど多い。今日も今日とて突然コマンドや
    エラーメッセージの和訳をプログラマーJの隣でやらなければならない
    ことになり、昨日 98 に仕込んだ環境がまた無駄に。

     午前中に終わる予定だったソースファイル編集が、結局一日で終わら
    なかった。Jが急かすし、まいるな。まあともあれデータを整理して、
    編集用秀丸マクロを書いて、仕事を楽にしよう。

     唯一いいのは本物の C リソースファイルを、秀丸で思うがままに編
    集できることだ。プログラマー気分を味わえて気分いい。調子に乗って
    ミスで行を消したりして、バグを出しちゃうとまずいけど (笑)。実際、
    ローカライズくらいならちょっと勉強すればできるようになりそうな感
    じだな。


==============================================================
■ 97/02/19(水) 	 □ バイク開眼
==============================================================

     今日はプログラマーJが来なかった。いかに会社がフレックスタイム
    とはいえ、それでいいのだろうか ^_^;)。ともあれ、おかげでメインの
    リソースファイルを一気にやっつけることができ、次のファイルに取り
    掛かれた。問題の 98 も片付けられて普通の PC が入り、おかげでスト
    レスなくすいすいと仕事を進められる。よしよし。なんか初めて自分の
    仕事に納得いく感じの一日だった。

    ----------------------
     帰りには雨もほぼあがり、乾きかけた道を走る。滑りそうでこわいな
    あと思いつつ、ふと気がついて腰を引き、ステップへ脚の荷重をかけら
    れるポジションを探してみる。─── あ、あった \(@o@)/!! な
    んだなんだなんだ、このへんてこアメリカンバイクでは絶対にトラクショ
    ンなんて感じられないのかと思ってたが、要は乗り方だったのだ。やり
    ようはあるんじゃないかー!

     意識してポジションを固め、ステップに体重をかけるようにする。コー
    ナーではお尻を気持ちインにずらして、小さなタンクに外側の膝をかちっ
    と当てて、まるでスポーツバイクであるかのように積極的にコントロー
    ルを与えて乗ってみる(内脚はさすがに開かないけど)。......おおお
    お、違うぞ、これは違うぞ。

     このバイクをコントロールする方法があるなんて、半年間も全然気付
    かなかった。俺は馬鹿だ [*1]。東京を RZ で走っていたときと同じ、
    きりりとした集中感覚が甦ってくる。ブレーキングのこつも分かってし
    まった。フロントフォークがぐわーんと沈むのを怖れずに、ブレーキの
    効き始めの時点でわざとグワンと沈めて、フロントがソリッドに地面に
    押し付けられたところから本気で減速させればいいのだ。─── つま
    り、アメリカンバイクゆえのすべての無駄な動作マージンを、大きく鋭
    いアクションを起こすことによって素早く使い切ってしまったところに
    バイクとしての本当のコントロールがあるのだ。ガーン。知らなかった
    んだよマイフレンド (;_;)。

     よ〜し、もう昨日までの俺とは違うぜ。ふふふ。明日の朝は別ルート
    を通って遠回りして行こうかしら :-)。そんなに早起きできないかしら。

    ----------------------
[*1] 菅原文太 in「太陽を盗んだ男」


目次へ(index)