【二輪免許取得篇・7―夏服を着た女たち】

Newsgroups: fj.rec.motorcycles
Subject: Our Fellow Bikers :-) Vol.2
Date: Wed, 10 Jul 1996 06:44:24 GMT

  ■□ サカタ@Elite 125です :-)

【二輪免許取得篇・7―夏服を着た女たち】

  日曜日、私は誕生日だったのでお祝いに友だちと Spanish Banks という
 ビーチへ行ってきました。バイクで行きたかったんですが3人だったので
 我慢して、日本食屋ですし弁当ととんかつ弁当を買って、ぴかぴかの天気
 の下でおいしいおいしいと言いながら食べ、持って行ったギターで歌を歌
 い、最高でありました。

  バンクーバーでも西側半分は特に美しいのです。住宅街がそのまんま公
 園というか、公園の中にきれいな家がたくさん建って人が住んでいるとい
 うか。まったくどこもかしこも美しい。

  そして、どんなに日が照っても木陰に入るとひんやりとするのがカナダ
 の夏で、極楽とはこのことかしら (^_^)。僕は日本の夏のぬるりとした空
 気が好きなので(変わってるでしょうか :-) こんなにさわやかだと拍子抜
 けする感じがあるのですが、じりじりと焼き付く陽射しと木々の緑と海の
 光景を楽しみました。次の日曜日はきっとバイクで来なければ。

    ----------------------
  奥さんを後ろに乗せて走っていると、彼女は「カーブでそんなに傾ける
 な」というのです。僕は経験上、実際のバンク角は乗ってる人間が感じる
 深さの半分程度だと知っているので、まあちょっと見てなさいと彼女の見
 てる前で一人カーブを曲がってみせました。すると───

 「わざとゆっくり曲がったわね」
 「違うって! これが普通なんだよ!」
 「あんなに浅いわけはないわ。きっとここはカーブが普通よりゆるいのね」
 「違うってばさー (;_;)」

  と話にならないのです。

  それでも理詰めで、いかに私が安全確保に腐心しつつ走っているかとト
 クトクと説き、だんだん信用してくれるようになってきたみたいですけど。

    ----------------------
  日本の母親からも誕生祝いの電話がかかってきたんですが、なんとなく
 『バイクを買った』と言うとえらく心配するような気がして、そう言えま
 せんでした。まるで親や学校に隠れてコソコソ原付に乗る高校生そのもの
 だ、情けないワタシ(^_^;)。

  バイク乗りの私たちにとって一番の難物は、もしかしたら心配性の女の
 人たちではないでしょうか :-)。


目次へ(index)