『真のブルーズマンたちの偉大な物語』
Thanks To: mefetech (Toshi san)

From: Tomo Sakata (sprynet.com) Newsgroups: fj.rec.music Subject: Re: The Story Of The Real Blues Men Date: Tue, 12 Nov 1996 02:07:54 GMT   ■□ サカタ@真のブルーズに憧れる男です  fj に日本語が入力できないお気の毒 Toshi さんのブルーズ夜話が続き ます :-)。 /~~ On Mon, 11 Nov 1996 17:14:34 -0800, Toshi wrote: > Dear Mr. Sakata; : > Going back to the blues subject, several months ago, I went down to > to a blues bar in Chicago with my friend who told me that Sugar Blue > would be playing there. As you know, Sugar Blue is the one who > played harmonica in Miss You of the Rolling Stones. When we were > parking the car around 10 PM Friday night and one guy was standing > in front of the bar and was telling all drivers to park in rear. To > my surprise, that was Sugar Blue. (He was cool on stage. He carried > several harmonicas in two leather belts across both shoulders like a > cowboy)  げげー。むかしこれと似た話が僕にも起こったことがありまして、東京 は渋谷の屋根裏というライブハウスに出演するために西武デパートの裏に 楽器運搬車を止めたのですよ。お金がなかったので、駐車場に入れずに。 で4階だか5階だったかの恐るべき高さにある屋根裏までベースアンプと かを死ぬ思いで担ぎあげたんです。一度上まで行くと息が切れて酸欠状態 になるので (^_^;)、地上に降りたメンバーは交替で息を整えつつおまわり さんが来ぬよう車を見張ってたんです。  すると人相の悪い男が、厳しい表情で私に歩み寄りました。───う、 西武デパートの警備員か? ───すかさず私は、「いやいやすいません、 楽器を運んでるだけなんです、5分で移動しますからもう(大嘘)」とぺ こぺこと弁解をまくしたてました。すると彼は; 「......いやあの......ファンなんですけど。サインもらえますか?」  このときほど貧乏バンドマンの身の上を呪ったことはありませぬ。  .....しかし、真のブルーズマンになるためには、そういうところで格好 をつけてはかえって正しくないのだという教訓が、Toshi さんの挿話から 伺えますね :-)。 ---------------------- > I talked to several bluesmen in the past and most of them were not > making more than $100.00 per night. Most of them were making $20.00 > to $40.00 per night.(Maybe with free drinks??)  げげ。セコくてバンドの足元を見るで有名だった上記渋谷屋根裏のマネー ジャーでさえ、200 人入れたら数万円くれたのに。シカゴブルーズの世界 はそれほど厳しいのかー。 > Some are good, some are not. Cheering and booing. One time I saw > one guitar player changed one broken string within 20 seconds while > others are playing.I really respect their professional attitude. > They know the bottom line...making money by satisfying the customer.  私は 20 秒では無理ですが、60 秒でならいけるんじゃないかと思います です :-)。  ニールヤングを見ていたとき、客を楽しませようという意思はハナから ないなと感じたんですが、それならそれで別の方法でこの俺を感動させて くれよと思ったんですよね(させてくれなかったけど)。ストーンズは究 極のプロフェッショナル、ニールヤングは究極の非プロフェッショナルな のかもしれません。ストーンズをエンターテイナーと呼ぶのも抵抗ありま すが、実際見ていて楽しい :-)。 > I met a few Japanese Bluesmen in Chicago. I do not recall their > names but one guitar player was from Hi-Fi-Set (?). He was pretty > good. The other one I remember was called "Shun" (?) You may be > able to tell me who they are. > > Good night. > Excuse my long talk.  fj にはご存じの方がいるかもしれませんね。二人ともすごく有名なギタ リストだったりして :-)。
From: Tomo Sakata (sprynet.com) Newsgroups: fj.rec.music Subject: Re: The Story Of The Real Blues Men Date: Wed, 13 Nov 1996 07:52:54 GMT   ■□ サカタです In Article <56b0rl$oj7@juliana.sprynet.com> mefetech@sprynet.com (Toshi san) wrote: >>  げげー。むかしこれと似た話が僕にも起こったことがありまして、東京 >> は渋谷の屋根裏というライブハウスに出演するために西武デパートの裏に > > Hey, you didn't tell me that you are a musician. > C'mon, tell me about you and grass roots of Japanese Music Scene. > Hey, it's going to be interesting.... > > I can't wait.  あ、いえいえ、ここでは Toshi さんのブルース夜話を聞かせていただい て、ここを読む日本の若いミュージシャンの糧とするのが物語の主旨です から、はい (^_^;)。  Toshi さんはご存じかどうか、RC SUCCESSION やボガンボスやストリー トスライダーズなどというバンドの影響もあって、今は日本でもブルーズ がけっこう聴かれてると思いますよ。このグループにさっく氏という面白 い方が出没されておられますが :-)、その方が先日スーパーなコンサート 評を書かれた吾妻みつよしのバンドなんて、昔は絶対客が入らなかったと 思うのに今はだいぶ盛況のようで驚いてしまいます(───僕は吾妻氏が プレイヤー誌に書いていたブルーズギター講座を読んで笑ってただけで、 彼の音楽を聴いたことはないんですが ^_^; ───)。「クロスロードな らクラプトンよりもロバートジョンソンでなくては」などという話題も最 近ここに流れてましたし、日本のブルース的未来は明るいですね :-)。  未来といえばそういえば、だいたいカナダの子供たちを見ていると、あ まり音楽好きな子っていないのかなって感じます。ハイティーンになれば それなりにバンド野郎もいるみたいですけど、僕の知ってるローティーン の子供たちはみんなスポーツやゲームに夢中で。俺がお前くらいの年には なボーイ、ビートルズやツェッペリンがなによりも大切だったんだぜと噛 んで言い含めても知らぬ顔。  シカゴの子供たちはどうなんでしょう? やっぱりブルーズの本場で生 まれ育つ子は、草の根ブルーズ的に見込みのある子が多いんでしょうか :-)?

目次へ(index)