Cambie Bridge ('96春)
From: Tomo Sakata (sprynet.com)
Date: 18 Feb 96 10:11:54 GMT
==========================

  ちょっと落ち込むことがあったので、眠れずに今、あれこれと考えをめ
 ぐらせています。

  僕の住むアパートからバンクーバーのダウンタウンへ行くには、Cambie
 という橋をバスで渡ります。橋の上からはダウンタウンの全景と、その向
 こうに立つ頂きの白い山々が見えて、美しい。その橋の上をうぃーと走る
 バスの上でいつも、僕はテープを聞くのです。日本から持ってきた、いろ
 いろなロックミュージック。好きなバンドやシンガーや、自分が昔やって
 いたバンドのライブなどを、ヘッドホンステレオの安い音で。

Hachi & Tomo, 1993(Hachi & Tomo, 1993)
 古いテープだとなにが入っていたのかなんて当然忘れているので、思い がけない曲がいつも飛び出してきます。───おお、イギーだ。戦慄。あ あ、やっぱりキヨシローはいいな───。日本でなにもかもある暮らしを していたときには、当たり前なので気がつかなかった、ものすごくいい音 たち。いいメロディ、いいミキシング、いい言葉。バスの乗客の中でひと りどきどきと心臓を鳴らしながら、やっぱり音楽ってすげーなと静かに興 奮するのです。  そして、そういういい音を聞くと、いかに普段 TV のひどい音に自分の 耳が痛めつけられているのかが、よく分かります。耳がいい音に飢えてい る。かわいそうな耳だ、意識してたまにはねぎらってやらなければ。  将来バンクーバーからいなくなったとしても、Cambie の橋から見えるダ ウンタウンと山と、その橋の上で聞いた音楽は忘れないだろうと僕は思い ます。