■ The CONCACAF Olympic Qualifying Tournament
From: Tomo Sakata (sprynet.com)
Date: 12 May 1996 22:05:11 GMT
============================================

  ■□ サカタ@カナダ特派員です

 【── カナダに意外な味方が ──】(May 12, 1996 - 14:50 PST)
 5/10 カナダ - ジャマイカ                       3-0
 5/11 コスタリカ - トリニダドアンドトバゴ       4-2
 5/11 メキシコ - エルサルバドル                 3-0

  オリンピック予選・カナダ - ジャマイカ戦の得点シーンだけニュースで
 見られました。3―0でカナダの大勝。すごい。

  それを見て思ったんですが、グラウンドが泥どろでえらい寒そうです。
 カナダの屈強なFWが、泥に足元を取られているジャマイカのDFを楽々
 と振りちぎっていく姿を見て、これははっきりいって北の町エドモントン
 でやってるというのがカナダには大アドバンテージなんではないかという
 気が。

  つまり相手はみんな赤道直下みたいなところから来てるわけで、こんな
 に寒くてぬか泥のグラウンドでサッカーをやるなんて経験が全くないんじゃ
 ないでしょうか。その点カナダチームはなんせバンクーバーで練習をして
 いる(はずな)ので、雨と泥には世界一強いかもしれません。はは (^_^)、
 希望が湧いてきました。

    ----------------------
  そこで WWW でカナダのサッカーホームページを読みに行ってみると、案
 の定、エドモントンは現在ひどい悪天候。「試合があった夕方は限りなく
 0度に近い気温だった。中米から来てる国の選手は口々に寒さを気にして
 いる」。おお、やった \(^o^)/! 0度といえばカナダ人なら半袖半ズボ
 ンの気候ではありませんか。これはいけます、暑さに苦しんだ日本の逆。

  ちなみにカナダのコーチによると、月曜に戦うトリニダドアンドトバゴ
 はジャマイカよりスピードが遅くて与しやすいとのこと。つまりこれで2
 勝。その次のエルサルバドルは昨日メキシコに3―0で負けています。か
 なり荒っぽいサッカーをする国らしく、怪我を怖れたメキシコは前半有力
 選手を出さずに戦い、後半だけ出場した彼らスター選手があっさり3点を
 取ったそうです。強いあやかりたい。メキシコの選手たちは「エルサルバ
 ドルは汚いぜ」と怒っておりましたが、そういうぶつかり合いならば氷上
 の格闘技・ホッケーで鍛えた(ある選手が自分でそう言っていた・笑)カ
 ナダにはお手のもの。ランキングもカナダより下ですし、ぶつかり勝って
 3勝。よしよし。

  問題は強いと評判のコスタリカなんですが、これはカナダに負ける予定
 のトリニダドアンドトバゴに昨日2点取られてますから、おそらくディフェ
 ンスに穴が。ハットトリックを決めた奴がいて攻撃力はありそうですが、
 そこに付け入る隙があり、当日一段と厳しくなるかもしれない寒さも手伝っ
 てカナダが悪くても引き分けに持ち込めるでしょう。なんなら雪くらい降
 らせてもいいかも。3勝1分け。そして最後のメキシコには勝てるわけな
 いので、結果3勝1敗1分けという予想がなりたちますね。

  そして、おとといはカナダに完敗したけれど本来「昨年世界サッカーで
 最も進歩した国のひとつ」と FIFA に言われたほど進境著しいというジャ
 マイカが、気を取り直してチームを立て直し、コスタリカを倒してくれる
 ような気がなんだかしてなりません。するとどうなるかな......エート...
 ...おお、なんとメキシコ無敗で1位、2位は唯一1敗のカナダということ
 になってしまいます、やった─、アンビリーバボ── \(^o^)/!!

  そこで勢いに乗ったカナダはオージーとプレイオフを戦うわけですが、
 これが強いんですってねえ、どうしましょう (=_=)。ホーム&アウェイの
 2試合ですから気候に頼るわけにもいかないし......。どなたかなにかよ
 い知恵があったら貸してください。それでは、また。
 ┌───┐
 │サカタ│
 └───┘
 ...Tomohisa Sakata (Vancouver, CA)