■ Re: The CONCACAF Olympic Qualifying Tournament (Part 003.00)
From: Tomo Sakata (sprynet.com)
Date: 19 May 1996 06:38:14 GMT
====================

  ■□ サカタ@カナダもう少しです

  CONCACAF オリンピックサッカー予選第4戦
    ┏━━━━━━━━━━┓
    ┃ カナダ対コスタリカ ┃	(May 17, 1996 - PST)
    ┗━━━━━━━━━━┛
  やってきました正念場。コスタリカのエースストライカーがサスペンデッ
 ドだそうですが、カナダにも同じく出場停止が1名おり、本来右のDFヒ
 キダ選手が左にコンバートされております。大丈夫か。気温18度、試合
 がはじまりました。

  う、思ったよりもコスタリカが強い。個人技はさほど鋭くないけれど、
 いままでの対戦相手よりもずっとチームでの攻守がよくできています。カ
 ナダが正面からいくと囲まれて簡単に奪われてしまうし、サイドからボー
 ルを放りこんでもきちんとケアされている。攻撃のかたちづくりもしっか
 りしていて、決定的なチャンスはないものの中盤から流れるようにボール
 を回しています。次第にコスタリカがゲームを支配していく、まずいな。

  カナダは守って拾ってのカウンター攻撃しかできず、そして肝心の縦パ
 スの精度や狙いがよくないのでほとんど攻撃という感じになりません。D
 Fが中盤から頑張ってはいるけれど、このままでは早晩崩されそう。T&
 T相手に引き分けた時と似た単調なサッカーになってしまっています。エ
 ルサルバドル戦で掴んだはずのカナダならではのサッカーを、もう忘れて
 しまったのかね君たちは。......しかし、コスタリカはすでに1敗してい
 るし、主力が欠けて楽勝かと思ったのですが、CONCACAF の中ではずいぶん
 緻密なサッカーをしているんですね。無得点のまま前半終了、矢尾板さん
 の採点は10―8でコスタリカです。

    ----------------------
  後半、双方選手を入れ換えて突破口を見出そうとするのですが、ゲーム
 は動きません。特にカナダは1対1で仕掛けて局面を打開できる選手がい
 ないので困った。スペースがもらえず外からポーンしか手のないカナダに
 は、長いパスを出す選手ともらう選手をきちんと両方ケアできるコスタリ
 カのディフェンスを崩すのは、骨ですね。神頼みのセンタリング。

  しかしコスタリカもそこそこゲームを支配しているように見えて、結局
 決定的なシュートにまでは結び付いていないのです。パスワークはなかな
 か流麗なのだけれど、点を取りそうな危険さがありません。FWはゴール
 前でPKが欲しくてドタバタと転ぶばかりで (笑)、自力で点を取ろうとし
 ないし。この得点力のなさが、ジャマイカに負けた要因なんでしょう。展
 開のない単調なゲームに飽きて、一緒に見ていたカナダの少年はどこかへ
 行ってしまいました。これこれ、君の国の代表が戦っているのに (^_^;)。

  後半 20 分すぎ、カナダが体力的に押し返し始めました。疲れてきたの
 かコスタリカにファウルが増えてきます。前半からえらく厳しいジャッジ
 ングをレフェリーがしていたのですが、どんどんコスタリカにイエローが
 積み重なっていきます。苛立つセントラルアメリカン。───お! Pエリ
 ア直前でカナダのフリーキック。これは大事にしたい。───ああ、コス
 タリカキーパーのブリリアントセーブ! これはこの試合でもっとも惜しい
 瞬間でした。......うーん、残念。カナダはいくら押し返してもフィニッ
 シュまで持っていく技がないので、セットプレーでなんとかしたかったの
 ですが。

  残り時間がなくなってきました。ボールの支配率からみてもう負ける心
 配はなくなってきましたが、点が取れそうな感じもまったくしません。ち
 なみにカナダA代表がブラジル U-23 とやったときもこんな感じで、カナ
 ダはそこそこ互角以上にボールをキープするんですが、結局それをシュー
 ト・得点の局面まで展開することができず消化不良で終わってしまったの
 でした。どうにかならんかなー、このタレント・戦術不足。やはりホッケー
 選手に大枚を積んでサッカーにきてもらうしかないんではなかろうか。ほ
 んとにものすごい運動神経の選手がいるからなー、カナダホッケーには...
 ...とか思ってるとコスタリカ選手がカード累積で退場! しかし残り5分
 程度ではなにも変わりないでしょう。

  試合終了。引き分け、プレーオフ進出決定です。うーむ......。まあ難
 関突破でめでたいのですが、T&T戦とこの試合で見せたカナダの深刻な
 得点力のなさを思うと、オーストラリアに勝つのは至難のわざだという気
 がし、ファンはうーむと唸るばかりなのでした。

   ┌──────────────────────────┐
   │5/17 トリニダドアンドトバゴ - エルサルバドル   2-1  │
   │5/17 カナダ - コスタリカ                       0-0  │
   │5/17 メキシコ - ジャマイカ                     2-1  │
   ├──────────────────────────┤
   │           Game1  2  3  4  5  | Pt Scr   │
   │1    Mexico         3  3  3  3     | 12 +9    │
   │2    Canada         3  1  3  1     | 8  +5    │
   │3    Costa Rica       3  0  0  1     | 4  -1    │
   │4    Trinidad & Tobago    0  1  0  3     | 4  -3    │
   │5    El Salvador       0  3  0  0     | 3  -4    │
   │6    Jamaica         0  0  3  0     | 3  -5    │
   └──────────────────────────┘
  【残り試合】
    5/19 カナダ - メキシコ
    5/19 ジャマイカ - トリニダドアンドトバゴ
    5/19 エルサルバドル - コスタリカ
  【プレーオフ】
    5/26 カナダ - オーストラリア
    6/2  オーストラリア - カナダ

  メキシコがストレートにアトランタ進出。エルサルバドルが案の定負け
 たので、1ポイントをゲットしたカナダが2位決定でオーストラリアとの
 プレーオフです。メキシコは韓国と当たることになりますね。メキシコの
 試合は得点シーンしか見られないのですが、やはり技術が高く素早いとい
 う印象をうけます。CONCACAF では本当に、飛び抜けているんでしょうね。

  ジャマイカはそのメキシコ相手に、非常に頑張っていい試合をしたよう
 です。T&Tとジャマイカが面白い試合になりそう(放送はないけれど)。
 そしてもちろん、カナダ対メキシコの CONCACAF 頂点対決が楽しみですね。
 今日の鬱憤を晴らすような試合をしてくれるでしょうか、カナダ。このま
 まオーストラリアではなんだか非常にまずい、世界一流と戦ってなにかを
 掴んでもらいたい。
 ┌───┐
 │サカタ│
 └───┘
 ...Tomohisa Sakata (Vancouver, CA)