君の声とギターに耳を澄ませて
Thanks To: Kiyoteru Ishihara san
From: Tomo Sakata
Newsgroups: fj.rec.music
Subject: Re: George & Eric
Date: Wed, 05 Feb 1997 00:51:04 -0800


/~~ In (ishihara-0502971307040001@jubilo.iis.u-tokyo.ac.jp),
  Kiyoteru Ishihara san wrote:
     :
>>> (この前はギターに関してはクラプトンに食われちゃってたし。かわいそうな
>>> ジョージ(^^;。)
     :
>> While My Guitar〜 で、最後のソロ回しで George が弾きはじめる
>> ところ、お客さん「どわー」と盛り上がってるんですけど、あれっ
>> て「George が Eric にギターバトルを挑んだ!よくやるな〜」
>> 状態でみなさん盛り上がったのではないかと……
     :
> でも、GeorgeのSoloの後EricがSoloを弾き始めたときのあの異様な(^^;盛り上が
> りもずいぶんインパクトがありましたですね〜。「おぉ、神がギターを奏でられて
> おられる!」みたいな。

  ビートルズとクラプトンを聴き続けて 20 余年になる僕の友だちが、東
 京で奥さんと一緒にこれを見に行ったらしいんですが、彼らはクラプトン
 のパートになると寝てしまったと言っておりました。「うまいけど、なん
 かなあ」と。

  僕も、ジョージが隠居状態から甦って初めて(たぶん)出てきて演奏し
 た、「Prince's Trust (?)」というロックイベントでのクラプトンや、
 「ディラン芸能生活50周年?記念コンサート」での彼や「アンプラグド」
 やその後のブルーズ盤を聴いて、まるで同じことを感じてました。

  今のクラプトンのギターには、なにかよほどのことがない限り、人に何
 かすごいものを聴かせようというモーティベーションが感じられないよう
 な気がします。超絶技術でさらさらと済ませてしまう場面が多すぎるよう
 な感じ。本気になれば違うのかもしれないけど、物足りない。「枯れた」
 とはそういう状態を指すのかしらん。

  その点ジョージのギターは泣かせる。いい音を出したいというけなげな
 魂がこもっておる......指の動きがつたないだけに :-)。───ファンは
 そう思うのです。佐藤さんがおっしゃってましたけどあの「Real Love」の
 ギターのよさ、あれひとつで今のクラプトンの5万ピッキング分くらい胸
 をかきむしられました。

  それから「Prince's Trust」での「While My Guitar...」のギター合戦
 は、ジョージの勝ちだったと思うな :-)。

> #コンサートであまりにEricの受けが良かったために、Georgeは移動中の新幹線
> #の中でムスッとして一言も口をきかなかった、とか言う噂も耳にしました(^^;。

  というわけで、大丈夫マイフレンド、ジョージくん。クラプトンにウケ
 なくて君の声とギターに耳を澄ませていたファンも、ホールにはいたよう
 だよ :-)。


目次へ(index)