【Journal】GT3にショックを受けたクリスマス


■ 01/12/03(月) 12:50:54 □ Jリーグファイナル観戦
 昨夜は放射冷却でマイナス2度まで下がり、寝る頃にはもう草木や道路の水 溜まりが白く凍結していた。 ----------------------  昨日見れなかった磐田−鹿島(P家からテープを借り出し)の前半を見る。 中山がうまい! トラップ、パス、ドリブル突破と思うが侭に華麗なプレーを 繰り広げ、鹿島DFを子供扱いしている。どこからこのテクニックは湧いて出 たのだというくらいうまい。後半に入れたあのミサイルシュートもものすごかっ たし、この人は今日本でいちばんうまいFWの1人なんじゃないだろうか。い や驚いた。  試合は磐田の3トップ気味に、鹿島がまったく対応できないまま進んでいた。 中山が前線でボールを引き出し、それをトップ下の奥と藤田に散らしてフィニッ シュに持っていく。シュートが跳ね返されると必ず西・福西・服部がそれを拾 うという展開で、なんであんなにいいところに多くの人数がいるのか不思議な ほどだった。Rマドリードとやらせてやりたかったなあ。
■ 01/12/09(日) 12:44:18 □ 初のパフォーマンス走行
 夕方モールまでMKとBRを送り、帰りは久々のソロ走行となる。PoCo 連 続S字コーナーに入るところで、前がかなり空いた。こんなチャンスはまたと なし :-)。3rd に落とし、線路のギャップをダダダンとラリー的にこなして左 コーナーへ。トルクもトラクションもたっぷりとあり、まるで緊張を感じさせ ずきれいにレガシィは曲がっていく。アンダーステアはまったく出ない。余裕 で抜けて右コーナー、ややブラインドなので少しアクセルを戻しさらに余裕で 抜け、次の左に入ったところで前の車に追いついてしまった。うーん、よく曲 がる。がしかし、あまりに簡単に曲がってくれ横Gのストレスもなかったので、 バイクの頃のように「攻めた」という気はあまりしなかった。  ダウンタウンを軽快に抜け買い物を済ませ、スーパー横のクランクに入る。 今度は 2nd まで落としてクランクを抜けてみる。2nd で踏んだことなど今ま でにないのだが、ラインがはらまず滑らかなトルクを感じたので、出口で強く 踏んでタイヤをスライドさせようと試みる。がタイヤが滑ったりよじれたりす る気配すらなく、どえらい安定ぶりでくるりと回り立ち上がってしまった。うー ん、グリップがよすぎるこの車。というかエンジンが非力なのか(笑)。太い タイヤと4WDの強力グリップを失わせるのは、ドライでは不可能だ。それく らい安全なのだと実感し、ニコニコと笑いながら家に戻った。
■ 01/12/17(月) 11:14:54 □ 萌の発熱
 仕事が気になり早く起きる。すると萌が発熱しており、朝飯もあまり食べず にまた寝てしまったとのこと。なぜだろう。昨夜は風邪をひく兆候などなかっ たのだが。高熱で非常に具合が悪そう。顔が真っ赤でパッフィーである。機嫌 はさほど悪くないのだが、なんだろう....。 ----------------------  夕方また熱が上がり、薬で下がる。薬が効いて熱さえ下がればまったく平気 そうなのだが、発熱の原因はまだ去っていないらしい。4時間ごとに苦しんで いる。夜やはりまた熱が上がって目を覚ましてしまった。今夜はつらく長い夜 になる。仕事が終わってあれこれとやりたいことはあったのだが、それどころ ではないと頭が働かない。
■ 01/12/21(金) 12:33:45 □ 診療所に行く
 萌の熱はすでに下がったが、5日経っても全快しない。医者に行こう。  診断の結果、ear infection の兆候があり、抗生剤を処方してもらう。これ を飲ませるのがまた大変だが、発熱の原因と対処が分かりほっとする。呼吸が 苦しがっているのは ear infection でも風邪でもなく、単なる congestion (詰まり)だろうと医者はいう。ear infection のせいで congestion が悪化 しているか、治りが悪いのだろうといわれた。カナダでは「風邪」じゃなくて 単に「congestion」という症例名で、原因が分からずとも病気の名前として納 得するらしい。ふー。
■ 01/12/23(日) 09:15:14 □ 萌回復す
 萌の咳がひどく、8時半に俺は目が覚めてしまった。ネットで咳の療法など を探すが、咳止めとかレンコン以外に見つからず。レンコンなぞみつからんし、 萌が食べるわけがない。カモミールが喉と咳にいいそうなので、なんとか飲ま せてみよう。俺も風邪で体中が痛い。  朝8時半に起きたので、太陽が南から上がっているのに気が付いた。あれれ と外に出て確かめたのだが、南というか南々東から上がっていた。夕方4時ご ろ太陽が沈む位置とあまり変わらん。つまり今の季節カナダでは、太陽は南々 東からチロと上がり、南々西にさっと沈んでしまうのである。ほとんど極点地 方の太陽なり。BC はそれでも長野より暖かいのだが。 ----------------------  午後から萌は明らかに最悪状態を抜けた。たっぷりと昼寝させておいたのだ が、自力で目覚めて声を立てずにベッドを降り、台所にタッタッタと走ってき て「ダーン」と声を上げて登場してみせた。Mも俺もそのあまりのけなげさに 打たれてしまう(笑)。  感心するのは萌の適応能力で、あれほど嫌がっていた薬を今は文句を言いつ つも飲んでいる。最初は泣いてパニックになっていたのが、今はもう嫌だけど 我慢するという風にわずか3日で適応しているのだ。えらいなあと思う。  MだけじゃなくBRもクリスマスの準備が終わらぬとイライラしている。毎 年のことながらクリスマスは大変だ。
■ 01/12/25(火) 17:32:05 □ GT3にショックを受ける
 萌は全快したが、俺の風邪不調がさらに悪化しておる。日を追う毎に悪化し ている。倒れてしまいそうだ。これほど体調を崩したのは何年ぶりかという感 じ。うー。クリスマスでSH家が全員揃ったが、BV家は明日まで来ないので なんか前までと勝手が違うというか、プレゼントのオープンなどがスムーズに 進まず、静かなクリスマスになっている。 ----------------------  KVが Playstation2 を持ってきた。『グランツーリスモ3』というディス クがあったので、おおCMでやってるあれかとトライ。美しい絵。オーバルサー キットをぐるぐる回っていると、コーナーで曲がりきれずに壁にぶつかるとい うこと以外なんだかよく分からなかったが(前に日本でGT1をやらせてもらっ たときにもまったく同じだった)、スバルB4に乗り換えて峠に行ってみると、 あなるほどと分かった。ステアリングを切ると車の外に荷重がかかってややス キッドが発生しながら曲がっていく。つまりステアリングでは曲がらず荷重で 曲がるんだ。本物の車とおんなじなのだ。  曲がらない理由が分かったので、コーナー手前でブレーキを踏みながらステ アを切り込んでいき外輪に荷重を載せると、車の進行方向がきちんと変わる。 これを感じながら中速のS字をうまく切り抜けたときに、ああこれは確かに画 期的だ、ほかのあらゆる車ゲームと違うと理解した。セガラリー2とかは、ど れほど絵がよくても車の曲がり方そのものは旧来のゲームと同じで、レバーを 入れた方向にただ曲がる(というか本当は車は一定で背景が移動する)のみ、 どうということはなかったのである。こいつはレバーを入れると外輪に荷重が かかりコーナリングフォースが発生して曲がる。トラクションがプログラムさ れているのだ。うむむすごい。  もう頭はボタン操作のことを忘れ、どうやってタイヤに荷重を乗せてどのラ インを取るかということだけを考えている。本当の動きを再現すると、車ゲー ムというのは車(というかあらゆる乗り物)を操作する面白さそのものが出て くるのであった。リプレイを見ると自分が決めたドリフトとカウンターが美し い。タイムを削るのではなく、車を美しくコントロールするのを目的に遊べる のである。こりゃすごい。画期的ベストセラーになるわけだ。日本のHKに連 絡して、うちのPSで動く GT2 を買って送ってもらわねば!
■ 01/12/26(水) 13:01:33 □ FF/FR/4WD の違い
 暖かい布団でたっぷり眠れたからか、汗をかいて体調がかなり回復していた。 助かった。食欲はまだ戻らず、食べるものも苦手なクリスマス料理しかないの で、みかんを大量に食べつないでいる。あとでなにか自分で作れるよう、買い 出しに行ってこよう。 ----------------------  今日もGT3。今度は同じコースで FF/FR/4WD の車を比較してみる。する とこれがみんなちゃんと違うので笑ってしまう。どれも乗っていて駆動方式な りの別の面白さがある。うーんすごいシミュレーションだ。こんなことは現実 ではトライできないわけで、ほんとに自分も GT2 がほしい。  GT3をやっていると、人間というのは、荷重をかけて曲がることが本能的 に気持ちいいのだろうとつくづく思う。バイク、自転車、スケボー、スキー、 乗馬とみんなそうだ。自分の足で走ってカーブを切っても同じ。グライダーや パラグライダーもそうなのかもしれない。  車だって本当はそうなのだが、それはちゃんとした車に正しく乗らないとな かなか分からない。昔の大ヒット車ゲーム『リッジレーサー』を借りてやった ときに、車ゲームは決定的につまらんなあと思い以後一切買わなかったのだが、 GT以前の車ゲームは皆、この荷重を感じない種類の運転でしかなかったから なのだろう。  KVはヒット作のスケボーゲームをレンタルで借りてきてやっていたのだが、 これが実に昔ながらの子供だましで、スケボーに荷重がかかっていない。いま どきPS2用でこんなものを作ってるのだから、アメリカのゲームメーカーは 駄目だなあと思う。  クリスマス行事は例年通り、皆が笑ったりけんかして泣いたり(笑)して終 わった。
■ 01/12/27(木) 14:36:40 □ アフタークリスマス
 クリスマスが過ぎ落ち込んだMがピンクフロイドを聴いている。このカナダ 人のピンクフロイド趣味には、ダークなときにはとことんダークという耽溺趣 味があるんじゃないのかなと思い、こんなの聴いたら余計悪化するんじゃない かと聞くと、そうじゃないのよ分かってないわねといわれた。たしかに。Mに ジャックスとかあがた森魚を聴かせても分かるわけがないのと同じかな。 ----------------------  中華スーパーマーケット・T&T へラーメン類を買い出し。せっかく中華スー パーなのだからホイコーローかチンジャオロースーのソースを買いたかったの だが、『青椒肉絲』の中国発音が分からない。いろんなソースのパッケージか ら漢字を拾い出して店員の兄ちゃんにこの「『青・椒・肉・絲』のソースを探 しているのだ」と伝えると、「ああ」とは言っていたが結局見つからなかった。 トウバンジャンも日本で売ってるのとはぜんぜん味が違い、辛くて話にならん のだよなあ。結局、日本で食べる中華みたいのは作れないのだ。くそー。
■ 01/12/30(日) 14:50:08 □ カナダのおもちゃ事情
 萌を連れて、クリスマスにもらった機関車トーマス(Tomy タイ製で非常に できがいい)の線路パーツを探しにトイザラスへ行く。萌は途中で寝てしまっ たのだが、カートに寝かせて入っていった。巨大なショップに一面のおもちゃ を見たときに、おなかにキチキチというファジーなフィーリングが湧いてきた。 ああトーイ・ワンダーランド。  ところが品物を見ながら歩き出すと、近所のディスカウントストア Zellers などと品揃えがまったく同じであることに気が付いた。店は巨大ではあるけれ ど、品揃えが優れているわけではないのである。バルク(大量)で売れるもの しか売っていない。がっくし。ファジーフィーリングがしぼんでいく。田舎の バルクショップはほんと、駄目です。  機関車トーマスどころか汽車セット自体が売ってなく、驚いてしまった。な んだこれは。ミニカーなども品質の低いのが6〜12台セットになったパッケー ジしか売っていない。好きなミニカーやプラモデルをコツコツ集めることなど できないわけで、おもちゃに関してはカナダの子供たちは気の毒だなあと思う。 田宮のプラモデルなんか見たら、びっくりするんじゃないだろうか。  あきらめて車に戻ってもまだ寝たままの萌を乗せ、晴れた Mary HillBypass から帰る。無駄足に終わったが、しかし冬の晴れた日にこうしてドライブでき るのは、うれしい感じ。Mary Hill から見る冬の山々は、信州の山にそっくり だ。
■ 01/12/31(月) 11:11:15 □ MK入居が決まる
 大晦日だというのに寝過ごした。大晦日といってもカナダではやることなど ないのだが、なにか落ち着かない。メルの PC を組むのがまだだったので、M Kがくれた廃パーツ製 PC をセットアップしよう。が、実際 FD も CD もない マシンに OS をインストールするというのは異常に難しい。俺のマシンに空の HD をつないで、新たなブートドライブを作成するしかない。  MKがやっぱりここに住みたいと申し入れてきた。クリスマスでしばらくこ こに泊まってみて気に入ったのだろう。生活が楽しくなるのは確かだし、BR も同居人ができて気丈でいいだろう。将来に関しても、MKがいればBRのこ とを心配せずに日本に行くこともできる。 ----------------------  というわけで 2001 年は終わる。家と車を買ったこと、父さん母さんが来た こと以外今年のニュースは思い浮かばず。実際イベントのない毎日を送ってい るわけではあるが、萌がいると退屈することはない。その意味で俺たちはハッ ピーで、よい年であったといえよう。  萌がなかなか寝なくて、寝かしつけているうちに花火が上がり子供たちが道 路で騒ぎ年が明けました。外はすごい霧。本年もよろしくお願いします。

目次へ(index)