初夏の競馬とバイク
Subj: 初夏の競馬とバイク
Date: Sun, 30 Jun 1996 19:09:02 -0800

 =======================
 96/06/30(日) 19:09		□ 初夏の競馬とバイク
 =======================

  ハーイARさん、遅くなってごめんなさい、競馬テープ全篇の感想を
 書きます。桜花賞は本当にさわやかな好レース、皐月賞はフトシのスピー
 ドオー絶対中心主義がおかしかった。スピードオーがからまれて沈んだの
 を「テンで絡んでしまいでからんでだもの、あれゃねーやねー」って、そ
 れが競馬でしょー (笑)。

  天皇賞はトップガンとブライアンの競り合いには本当にわくわくさせら
 れたけど、それがサクラローレルに交わされるのを見て、初めて見たイナ
 リワンの有馬記念を思い出した。オグリとスーパークリークがイナリワン
 に差された時は「なぜなんだ?」とショックを受けたんだけど(スーパー
 クリーク→オグリ・サクラホクトオーを買っていた)、それとそっくり。

  しかし、最後の直線を見るとノリと南井の乗れっぷりの差とも見えるね。
 トップガンを馬なりで交わして、このまま失速せず最後まで......と南井
 が消極的に乗っているのに、ノリは勝つと信じて怒濤の追い込みをしてい
 る。南井は並ばれるまで鞭を入れてなく、追い出した時にはもう手遅れと
 いう感じ。着差から見て南井が完璧に乗ってもローレルが勝っただろうけ
 ど、南井が次のレースで降ろされたのはなんとなく分かる。

 □ げげ! よしこさん巨大帽子が激かわいい。なのにスタジオの女たちがく
 すくす笑っている。やはりわかってないよなあ、あの女の子たちは。□ 福
 永について「注目の武豊騎手との対決ですが」なんて比較をしてるが、い
 くらなんでも比較は5年早いのではないか。□ 四位はサラサラ髪が自慢な
 のは分かるが、ムースで固めたらどうなのだうっとうしい。競馬界最強の
 ナルシストか (笑)。

    ----------------------
  NHK杯と高松宮杯。どっちもすごいレースで、面白かった。特に高松
 宮杯を勝ったフラワーパークというのはすんばらしいね。どういう馬なの
 か知らないけど、4コーナーで上がって行く脚の見事さにヒシアケボノと
 はものが違うという感じがした。B.C.スプリントへ行ってもらいたいよ。
 ブライアンは馬群を割って伸びてきて、そのこと自体は後につながる印象
 を受けるんだけど、このあと屈腱炎だからな―。ヒシアマゾンも宝塚には
 出られないそうだし、どうもスターたちはちぐはぐだね。

  しかし田原ってなんかついてないよなー。どれだけ素晴らしいレースを
 してみせても、バカな TV は「ナリタブライアン伸びない! ナリタブライ
 アン来た! ナリタブライアン4着!」だもんね。インタビューからも人気
 馬で勝てず人気薄で勝ってしまうというジレンマを感じる。

    ----------------------
  オークスがまたすごかった。ユタカのエアグルーブが美しく抜け出して、
 うーむ見事だとそのまったりとした味わいを楽しんでいたのだが、ふと気
 がつくと外から田原ガリバーが! 一瞬鳥肌が立つほど気持ちのいいレース
 だった。検量室で田原が苦笑いしながら手にしたタオルを床に投げ付ける。
 うーん、勝ちたかったんだろうなー。サンキューの仇をとってほしかった。

  長距離はみなスローになっていてこのオークスはかなり遅かったんだけ
 ど、それを Internet の学生たちが「全員お利口さんの着狙い/いったいっ
 たの低レベル競馬」と猛批判していた。スローだろうがファストだろうが
 馬たちの力が発揮されればそれでいいわけで、常にきついペースで、言葉
 は悪いがくたばるまで走らせるアメリカのクラシックみたいなレースをし
 て「レベルが高い」とありがたがっても仕方がないと私は思う。また、そ
 ういうつばぜり合いを楽しむためにNHK杯や高松宮杯のような短距離戦
 があるわけではないか。

  今年のKDでは初めて差しが決まるのを見れたけど、普通はアメリカG
 1こそ究極の「行った行った」だしね。ああいう競馬では、タコメーター
 がレッドゾーンを超えたところでどれだけパワーカーブの落ち込みがなく
 ゴールを切れるかみたいな、馬の体質の強さだけが求められるような気が
 する。馬のセンスとか頭のよさとか騎手のイマジネーションなんて、二の
 次に見える。0-400m のドラッグレースみたい。

  それでKDが終われば毎年全馬故障 or 燃え尽きだもんね。前にも言っ
 たけど私はアメリカの競馬は、生産のためだけにすぐれたウルトラ公平主
 義競馬だと思う。B.C. だってどこでやっても似たような平坦左回りの同コ
 ンディションで、まぐれを排して得られる優良遺伝子の確度をあげるとい
 う意味では好都合になってるしね(今年はトロントのウッドバインという
 大コースでやる予定なのでかなり違うと思うけど)。いろいろ種々あった
 ほうがいいよ、世界の競馬は。

    ----------------------
  てなわけで、毎度ありがとうございます。バンクーバーはこの頃ずっと
 いい天気だよ。去年みんなが結婚式で来たのが今頃だったよね(ARはあ
 のとき雨にたたられていたが・笑)。バイクに乗るのも楽しいよ。

目次へ(index)