沢田研二と 70 年代
Thanks To: Susumu Hirakata san, Kouji Soushin san
From: Tomo Sakata
Newsgroups: fj.rec.music
Subject: Re: 永遠の沢田研二 (Re: Music and Acting)
Date: Thu, 13 Feb 1997 23:11:19 -0800


 /~~ In (01bc19b3$1ce2d780$458fd6ca@orga.airnet.or.jp),
   Susumu Hirakata san wrote:
> ひらかたです。
> ジュリー大好きでしたので一筆。
     :
> #でも、ジュリーがどんなにカッコ良かったかをいちばんうまく表現したのは、や
> っぱ、「寺内貫太郎一家」の希々樹林(きききりん)(漢字じしんない)でした。
>
> 「ジュウリーー!!」

  ジュリーを郷土の誇りと語る京都の Keiko Yoshida さんによれば、当時
 は「きききりん」ではなく「Yuuki Chiho」さんだったそうです、知らなかっ
 た。ほんとにあの人の声には、この世でいちばん輝くスターに恋こがれる
 想いがこもっていて、よかったですね〜 :-)。

> # 古い話ばかりでごめんね。

  そですね、話題を持ち出した者としてそこはかとない責任を感じる私...
 .. ^_^;)。でもキャンペーンの主旨としてはなつかしむよりも、「今現在
 のジュリーを聴こう」ということですので、ご勘弁くださいジュリーを知
 らない世代の皆さん :-)。


From: Tomo Sakata Newsgroups: fj.rec.music Subject: Re: 永遠の沢田研二 (Re: Music and Acting) Date: Fri, 14 Feb 1997 00:35:52 -0800 /~~ In (soushin-1402971031120001@news.mew.co.jp) , Kouji Soushin san wrote: > 宗進@まつした電工です。 > こんにちは。 : >> の音楽性など分からずじまいでした。彼はフジ TV の「Wood」という短命 >> 番組で、ブレッド&バターと共にビージーズを絶唱したのです。 > > なるほど。そういう事もあったのですね。 > シロー氏とブレッド&バターもバタフライと言う名曲(カバーでしたか)をヒット > させましたね。  え、彼らが組んでレコードまで出してたんですか? 昔に? それも知 らなかった。だいたいシロー氏がタイガース以降音楽をやってたなんて知 りませんでした (笑)。 >> 「時の過ぎ行くままに」とか「憎みきれない.....」とか、尭之 ? 氏のあ >> のギターはたまんなかったですね。あれに憧れてギターを始めた人は多い >> かもしれない :-)。 > > 失礼ながらスパイダース時代から想像できない上手さです。 > PIG(綴り合ってますか?)がデビューしたときPurpleのBlack NightをTVで演 > 奏し、こりゃイケルと思いました。  僕は「傷だらけの天使のテーマ」のイントロのめちゃくそかっこいいギ ターを一生懸命コピーしましたです :-)。いまでも弾けるかな、ちょっと 待ってくださいよ......(とギターを取り出す)......弾けるわ \(^-^)/。 「傷だらけの天使」の悲しい場面でたしか、「♪ちゅちゅちゅ誰もちゅちゅ ちゅいな〜い・ちゅちゅちゅ一人だけでまた歩く〜」という歌がかかって いたように思うんですが、あれはショーケンだったのか PYG だったのか.. ....思い出せない。───うう、懐古ハナシになってしまいますね、それ ではいかんと反省しつつも ^_^;)。  どうもいま世界的に 70 年代懐古期ではないでしょうか。アメリカカナ ダのテレビでは6〜7時台に 70 年代のドラマをよくやってますし、コマー シャルでかかる歌は「That's the way」。なーんだこれは。忘れかけてた 歌が、いままた甦る〜、悪い意味で。日本の 70 年代のほうがドラマも歌 も、ひねびていてけなげでいたいけでよいなあと思います :-)。 >> 僕がカナダにきて以降のことは当然分からないんですが、3〜4年前に >> 沢田研二が出した「スプリーン」という曲は、「ストリッパー」以前のファ >> ン、そしてタイガース時代のファン涙の名曲です。......沢田研二と、ぼ >> くたちの永遠なる青春。 > > そう言う曲は是非聴いてみたいです。 > #最近邦楽コーナーは(年のせいで)近寄りがたいのですが、 > #勇気を持って探しに行きましょう。  これは '91 年くらいの曲でした、思ったよりももっと年をくっている自 分と沢田研二 ^_^;)。探しに行ってください、それからもっと新しい沢田 を聴いたなら、どう聞こえたのかをまた知らせてください :-)。  ┌───┐  │サカタ│  └───┘ ...なぜ「スプリーン」のテープをこっちに持って来なかったのだ、 ...俺は馬鹿だ(菅原文太風)...

目次へ(index)