カブヤラオーの息子 ('96春)
Date: Fri, 17 May 1996 21:27:09 -0800
From: Tomohisa Sakata (sprynet.com)


 /~~Quoting a message "[derbyML:3522] RE: Ibukirajyomon"
    from harada@nichimen-nds.co.jp, at 1996/05/17 02:01:11
> 好きな(好きだった)馬は、アカネテンリュウ、カブラヤオー、トーカイテイオー、
>    ヒシアマゾン、サクラローレルなどたくさんです。
   :
> 私は、カブヤラオーの血が母方に入っていると言うことで、注目しています。
>
> 今の競馬界で、いちばん悲しく思っていることは、三冠馬をはじめとして、
> 内国産の種牡馬が良い子を残せないでいることです。応援した馬の血が、
> 三、四代と続いて、また応援したいものです。

  こんにちは。僕はカナダに住んでいるものなんですが、長野の実家にい
 る父親が乗馬好きで一頭馬を飼ってるんですよ。父カブラヤオー。大柄な
 芦毛馬で、あまり父には似ていないと思うんですが(似ていたらもっと強
 かったであろう・笑)。

  笠松だかどこかの地方競馬でデビューし、なかなかの好成績だったもの
 で6歳頃中央入りしたそうです。ところが加速力がないというのか、スピー
 ドレースについていけないので障害レースに目標を変え、それがあたって
 見事1勝。その後は善戦すれど勝てずが続き、新潟競馬へまた転厩。そこ
 の準オープンで走っているところをうちの父に見初められたのだそうです。

  はじめて長野の田舎の父の手作り馬小屋にきたときには、なんだこれは
 と馬が驚いていたそうです。生れ故郷を出てからは、そんなに山がちの田
 舎の風景を見たこともなかったのでしょうか。しばらくして自分の新しい
 生活がえらいラクだと気がつくと (笑)、非常にハッピーな野郎になっていっ
 たそうです。なにしろ全速力で走らなくていいし、食べ物は腹一杯もらえ
 るんですから (^_^)。

  父カブラヤオーは伝説でしか知らないんですが、うちのその愚息に会う
 たびに、カブラヤオーはどんな馬だったんだろうかと思い巡らせます。


目次へ(index)