競馬のオッズに比べれば

■ 99/10/09(土) 19:28:09 □ おおおお!!!
 まじめに仕事をしていたら、出かけていたMが帰ってきて「話をしていい?」 という。ああなんか俺は叱られるのかなと思ったら、彼女はいった。「妊娠で きたと思うのよ」。―――おおおお!!!  この知らせを聞いた瞬間自分がどんな反応をするか今までまったく分からな かったのだが、気持ちは「おおよかったじゃん!」という超祝福の気持ちなの であった。夢がかなったじゃないのよあなた。俺自身は今までと変わる気持ち はないのだが、これでMがどれほどハッピーになれるかと想像しただけで気持 ちが弾んでくる。つられて指が震えてくるほどに。  ともかくこれから十ヶ月(?)は超体を大事にしてもらうしかないな、たの むよ。これで駄目だったりしたら最低だ。外出運動禁止である。お祝いだと寿 司ネタを買ってきておいしい晩御飯。
■ 99/10/18(月) 12:41:28 □ 競馬のオッズに比べれば
 昨日は半日のんびりして夜LDのところで晩飯をもらい、Mはずっと機嫌が よかったのだが、今日はこないだ医者に言われた高年齢出産のリスク云々のこ とをまた考えどーんと落ち込んでしまい、俺が起きてくると泣き始めた。泣く な泣くなとなぐさめる。 「俺が競馬で当てたオッズはこれまで最高 64 倍だ。医者がいうところの危険 性なんてこれに比べたらはるかに高オッズで、これはもう人が一生で出会うあ らゆるオッズの中でも最高だろう。宝くじみたいなものだ、そんな心配するに はあたらないよ」と元気付ける。 ----------------------  俺の元気付けでご機嫌になったMが、あちこちに電話して告知を始めてしま い、ついに日本にもダイヤルしてしまう。なんか、3ヶ月くらいの安定期だか なんだかになるまでは、心配させちゃわるいから黙っていようと思ったのだが。 「実はいい知らせがあってですね......」といっただけで「そうだと思ったわ よ」と母さんの声が華やいだ。珍しく電話なんかしてくるんだもん、ピンと来 たわよ。まあそれはいわれてみたらピンと来たというデジャビューみたいなも んだろうと思いながらも、いやはやそういうわけで、奥さんを大事にしますわ という。母さんうれしそうだったな。
■ 99/10/20(水) 19:22:12 □ スキャナ
 必要だったスキャナを買いに行く。台湾製の 600dpi を $100 というのが目 標だったのだが、中国製 UMAX $129 となってしまった。他に選択肢がなかっ たので仕方がない。「台湾製の方がいいんだけど」と店員にいうとなぜかと聞 かれ、「家のものが人権問題で中国製品をボイコットしてるんだよ」と答えた 瞬間、相手が中東人であることに気がついた。どこの国の人かは分からないが、 人権問題を批判されて怒っているイスラム国家の人かもしれん。まずいと思っ たが、「まったくだ、大賛成だよ」といわれた。ほっ ^_^;。  Mは非常な倦怠感があるとのことで、大事を取って学校を休んだ。大学院を 2年で終わらせるのは無理っぽいな。こんなグレイな町にずっと住んで子育て というのも気の弾まない話だが。もっと環境のいいところに移りたいものだ。  Mの妊娠とバイクの故障を潮時に、車を買おうかな。安いのを探せば PC1 台分くらいの値段で手に入りそうな気がする。軽がないから、買い物にしか使 わないのに乗用車を買うのが悲しいのだが。  Web で調べてみると、中古は高いわ。日本より高いな。日本じゃ新車が売れ 下取りの車の回転が激しいから、人気のない車の中古は値段ががた落ちするけ ど、カナダは擦り切れるまで乗るから程度のいいのは高いのだろう。個人売買 だと激安もあるけど、心配だし。ふー、なにかと物入りなこの頃だ。
■ 99/10/22(金) 03:37:11 □ Mの不調
 今日はMが1日不調で、夜にはこっちもまいってしまった。これがあと9ヶ 月続くのかもしれんなあ。まあ仕方がない。これが専門用語でつわりというの だろうか。  代表のイラン戦を見る。なんか一生懸命プレスをかけてボールを拾っている けれど、そこから先なにをすればいいのかが誰も分かっていないのが腹立たし い。トルシエの指導で混乱していると解説は言っていたが、伊東なんか見てる とイライラする。ボールを拾う力は人一倍あるくせに、そこから先へ1つも面 白いことをしてくれない。thinking speed が十人並みなんだろうか。三浦も ドリブルをしてはみるけれどボールのさらし方がJリーグくさくて弾かれてし まうし、奥も同様。その後ろにいる相馬は存在価値が分からない。やっぱり名 波も中田もいないと、攻撃をひらめく選手が日本にはいないんだなと悲しくな るような前半だった。  後半に入った澤登と久保がなかなかいいところを見せていたが、その二人以 外は全員守備に入ってしまい、後半は押し込まれまくっていた。それを修正し ないトルシエがにくらしい。しかし2年後は U-23 が代表になるのが既定の事 実かと思うと、そのチームをうまく動かしているトルシエにやめてほしくはな い。まったくなんとも言い難い監督である。しかし日本サッカーファン 50% から、フル代表に対するネガティブ波を受けていても平然としていられるこの 神経は、いったいどういうところから来ているのだろう。これがヨーロッパ人 なんだろうか。
■ 99/10/25(月) 13:26:39 □ Mの検診
 昨日は1日ゆっくりと丹念にファイル日記整理を行う。こういうひとときが 幸せなのよ自由業。そして今日はMの検診に付き添ってきている。経験のない ことなので、なんか緊張して胃が痛くなりそうだ。 ----------------------  結局今日は問診だけだった。だがまあ胃の不調に安全な薬だとか知りたかっ たことがいくつか分かっただけでも来た甲斐があっただろう。ドクターの言っ てることはすべて分かったのだが、あまりにも大量の未知の情報をいちどきに 与えられたため、ほとんど覚えられなかった。Mの母体健康診断として血液採 取だけして今日は終わり。  しかしMの胃の不調はリコメンドされた薬を服用してもまったく改善せず。 ずっと2週間も船酔いのような状態が続いているのだろう、なんとかならんの か。昨日指圧ポイントを Web で検索して押してやったら少しよくなったのだ が。このままじゃ大学になんて行けるわけもなく、コース全滅だ。
■ 99/10/28(木) 12:09:17 □ 医者の脅しにめげるべからず
 今日は学校に行ったMがひとついい話を聞いてきた。教授のWDは40で無 事健康な子を産んだのだと。彼女がいうには、「医者の脅しになんかめげちゃ 駄目よ。医者のいう『リスク』の統計は USA で作られたのよ。USA には最低 なヘルスケアと偏った食餌しか採れない貧困層があるんだから、そこから出て きた統計は過剰な数値になってるのよ」なんだそうだ。おお、うちなんかカナ ダに住んで人の十倍くらい健康に気を遣ってる嫁さんだからな。さらにここ5 年はさっぱり日本食をメインに食ってるわけで、平均よりもずっと健康なはず だ。これは心強し。
■ 99/10/29(金) 14:33:07 □ 雨季だ
 雨季だ。昨日今日とひどい雨が降っている。Mに買い物を命じられて出かけ なければならない。ため息。がゴアテックスを着込んで気合いを入れバイクを 押しがけして出かけてみるとどうということはなかった。エンジンのかかりは よかったし、雨でもスーパーは駐車場が急坂なのでエンジンは簡単にかかる。 このザーザー降りの中歩いて行くよりは、百万倍楽だ。がしかし、いつまでも こんなことはしていられないなとも思う。車か。
■ 99/11/02(火) 23:56:42 □ Carole King
 02:06 よし、1500 に到達したところで今日の仕事はおしまい。悪くはない。  昨日あたりからMの調子がよくて、本人は「苦痛に慣れたのだ」といってる けど顔色がそもそもいい。食べるものとそのタイミングがつかめたのも助けに なっている様子。よかったよかった、苦痛は消えてなくなってくれ。あと数週 間で安定期に入るらしいので、そうなれば後は養生し栄養を摂るだけだ。  "You've got a friend" の Carole King オリジナルを初めて聴く。Carole King ってこっちに来て初めて聴いたけど、めちゃいい歌を作って歌っている。 どれも変哲のないポップスなんだけど、言葉や歌い方が力が抜けていて最高だ。
■ 99/11/04(木) 15:03:48 □ 雨天買い物地獄
 Mは昨日つわりが悪くなってから初めてフルタイム授業に参加したのだが、 それでまた具合が悪くなってしまい今日は休。どうやらこのセメスターはだめっ ぽいな。 ----------------------  Mが休になったため急遽予定外の晩飯買い物に行かねばならず、久々にかか りの悪かったバイクを動かし2軒を回ってMの指定した品目を全部探し出し、 すべてが巨大な食料品をなんとかバッグに詰め込みひざにはさみ脇にかかえ高 速を横切って走ってきた。それで1時間半がつぶれてしまい泣きたくなってき た。まったく車がないと地獄だカナダ。  最近 Velvet Underground のファンがアルバムをポストしてくれていて全部 聴いてるのだが、やっぱりいいなあ。昔のことをあれこれと思い出す。Velvet と Nico は関東村と長野の山ドライブの記憶につながっている。  あれこれと聴きながら「ミゾがドラムのモーリンタッカーを好きなんだよな、 そんなに目立つこともない音だけどなんでだろう」と思っていたら、モーリン タッカーの歌が入っていた。げげ、女の子だったのね。その声がめちゃくちゃ よくて、音圧は低いし音程はゆれているしアクセントはチャーミングだしでも う最高なのであった。この声も含めてモーリンタッカーが好きだったのね。 ----------------------  今日はMは本当につらそうだったのだがなにもしてやれないので、寝る前に ギターを弾き「こんにちは赤ちゃん」と歌を歌ってやった。「私がママよ〜」 といったら日本語のままでも分かるので非常に喜んでいた。なんで女の人はこ うも赤ちゃんが好きなのだろうか。  ネットで、「SE・プログラマーは女の子ができる確率が高い」という書き 込みを発見。『よくコンピュータ関係の仕事している男の子供は、圧倒的に女 の子が多いって話がある。電磁波が影響するのだとか』という別記事も見つかっ たので、これはかなり広くいわれている経験則なんだろうな。コンピュータの 前に座っている時間では会社勤めのそれらの人々よりも俺は高いだろうから、 これはほぼ間違いないだろう。女の子をほしがってるMに、明日知らせてやろ う。
■ 99/11/05(金) 12:55:06 □ 猛烈あ太郎計画開始
 18:19 「休みたいなと思ったときに休まない」方式で 600 から 1121 まで 一気にきた。1時間で 500、このペースを保てれば残り 1219 を2時間で終わ らせられるではないか。それは無理だ。飯にしよう。 ----------------------  02:33 カザフスタン戦が始まってしまったのでネットで聴いていたら、日本 が猛攻するも点が取れないうちに相手のヘッドで先制されてしまった。これく らいのことはないとつまらん。4年前はあれほど苦しんで、ラジオで聞いてい て涙が出るほどの試合でどうにかこうにか突破したのに、今回のこの簡単さは ちょっとしらけるものがあるよな。  これが日本が圧倒的に強くなったがためであればともかく、クジ操作で中東 とやらなくても済むようになったことと、3ブロック自動昇格となったがため で、日本は強くなっているにせよそれはあまり関係ないのである。WC予選は ないわけで、これから日本は当分予選真剣勝負の面白さを味わえないのだ。ちゃ んと中東とのゲームもやってほしかったよな。まあ中東も、日本韓国とはやり たくないだろうけど。 ---------------------- │ 左サイドから廣長にボールが渡り、その後、城→前園のダイレク │トパスで中央から前園が抜け出し、キーパーとの1対1を冷静に │ゲット!! 日本先制です  あ4年前はラジオじゃないや、NIFTY の文字中継を読んでいたんだった。こ れも時代は変わったなあ。また4年後は間違いなく動画だろう。 │しかし、前園はもうスタイルができていて今より飛躍的に伸びるとは │思えないけど、中田はなんかこの先どうなるのだろうという感じがする。 │技術的には前園ほど切れるわけじゃないのに、頭のよさだけでもうチー │ムを引っ張っている。カズみたいなフェイントなんてまるで使わないの │に、軽々とディフェンダーを抜いてセンタリングしてしまう。すごいの │ではないか。2002 年には絶頂を迎えてるだろうが、それまでにはオリ │ンピックとWCに(たぶん)出られるわけで、今のカズや前園を大幅に │超える選手になってしまうんじゃないだろうか。  こんなノートも見つかった。俺ってやっぱり見る目があるのか。  後半中頃、やっと追いつく。アナウンサーが喉をつぶして「同点!」と叫ん でいるが、そこまで騒ぐような試合でもないのだが。勝って当然、引き分けで も万歳、負けてもまだ大丈夫というゲームなのだし。  平瀬がもう一点取って決めた。平瀬ってあまり印象が強くないんだけど、ス ピードがあってシュートに確実性があるみたいだな。おお中村のFKでもう1 点。これは気持ちよかったであろう。終了、おめでとう。
■ 99/11/08(月) 13:26:57 □ 日本のことを思い出す
 寝過ごした。が今日はMの調子がよいというので、少しはマシな一日か。  なんかストレスがたまってるせいなのか、仕事中ずっと日本のことを考えて いる。須坂に住んでるときはハッピーだったなあ。車があったせいもあるが、 今車が手に入っても別に楽になるだけでハッピーになるわけじゃないように、 隣の長野も含めてああいう小さな町に住んでいたのがラッキーだったのだと思 う。小さくてなんでも手近でコトが住む町。スーパーや古本屋や D2 やセブン イレブンを思い出す。またああいうところに住みたいよ。都会はいやだし、こ ういう殺伐とした郊外はもっとつらい。  東京郊外は武蔵境みたいなのんびり町になれるのに、なんでバンクーバーは こうなってしまうんだろう。町としての古さの違いなんだろうか。今うちのア パートにPさんが喜びそうな恐怖の糞尿振りまき魔が発生してるのだが、そう いう狂人が現れるのに、この殺伐さは無縁じゃないと思う。これだけ人が住ん でいるのに警察署がなくて、コミュニティポリスなんていう警備員みたいなの がモールにいるだけだというのも付け焼き刃的発展をした町ゆえの悲しみに思 える。 「なんか、俺たちはまったく田舎ピープルだよね、田舎にいるのが好きなんだ」 とMにいう。まったくそのとおりだわ、だけどどうして? 「いやなんか、 ずっと今日は一日須坂のことを考えてるんだ」。せつなそうな顔をするM。 彼女に負い目を感じさせるのはいかんので切り上げる。  23:15 予定より早く終わった。明日疲れる前にいま目を通し始めた方がラク だな。ちびちびやってしまおう......いややっぱり時間がかかる、風呂に入ろ う。  風呂から上がったら、Newsgroup にジョンの「Walls and Bridges」が入っ ていた。唯一持っていないアルバムだ。この年になって聴いたことのないジョ ンレノンが聴けるなんて、俺は幸せものだ。もうほとんどの曲は昔テープで聴 いたことがあるんだけど、この Newsgroup は昔俺を助けてくれた FM ラジオ と同じ役割をしてくれている。
■ 99/11/11(木) 13:21:55 □ Ziggy 五日市街道
 朝5時過ぎまで「功名が辻」を呼んでしまった。司馬のほかの小説に比べる と面白くないのだが、英雄的ではない主人公が土佐を手に入れてしまい嫌なや つになって血迷っているあたりが面白くて止められず。  Mの調子は日々上下しつつ改善しつつあるようだ。体力がなくて学校に復帰 するのは無理みたいだが。  8/18 ページ終了。ふー。Ziggy Stardust を聴きながら仕事をしている。な ぜか井の頭から TZR に乗って五日市街道を通り奥多摩有料に向かっていく記 憶がこのアルバムと強力に結びついていて、胸が痛くなる。バンドや米軍ハウ スやHKにも結びついている。なんというすばらしい単純な日々だったろうあ れはと呆然とする。当時は当時できっといろいろと大変だったわけなのだが、 嫌なことはなにも覚えちゃいない。 ----------------------  23:38 終わった。17 日間でひと月半分働いた。あいだ休みは天皇賞を見に 行った半日だけであとは目が覚めてから1時2時まで仕事なんだからな、疲れ るのも当然なのである。  先に寝たMがまた胃の具合がおかしくなり飛び起きて来た。しばらく歌など 歌って慰める。「中古車を見つけるのが難しいならいっそ新車を買ったらどう かしら」なんて言い出した。いやしかし、一生乗るわけじゃなし。せいぜい3 〜4年なんだからそれはもったいないよ。  そうだ仕事が終わったから車探しをせねばと Web を検索してみると、4ド アの車というものがなかなか出ていない。安いものはかなり古い。うーむ。
■ 99/11/12(金) 20:21:55 □ 車探索開始、Accord か
 車についてMと相談するが、個人売買では不具合がこわいしディーラーは rip off に決まってるという。では買いようがないではないか(笑)。とりあ えず今日は雨も降りそうにないので、Lougheed Hiway 沿いのディーラーを覗 いてこようかな。 ----------------------  Brentonwood の巨大ディーラーにホンダ Accord の程度のいいのがあった。 見た感じ新しいモデルだしかなりするだろうなと思いながら予算は $○○ だ と最初からいうと、$○○ を $○○ にまけられるという。あちこちチェック して場内をドライブしてみると、非常に静かでスムーズに走り問題なさそう。 非常に感じのいい兄ちゃんに延々と説明を受け、ほとんど決心するがMに相談 せねばならぬので帰る。するとMはあたしに相談してもしょうがないでしょ勝 手に決めよというのだった。しまった、ならばその場で決めてしまうのだった。 明日になればまた雨が降る。  もっと安い車は探せばあるだろうが、故障のリスクをかけて切りつめても計 $○○ を切るのは難しそうだからこれでキマリだなと思っていると、M姉が待っ たをかけてきた。M姉の義弟が出物があるか明日知らせてくれるとのことなの でそれまでは待とう。同じ値段以下で Civic 4 ドアがあれば別だが、そうで なければ決まりだろう。  Accord と Civic のインプレページを見つけてそれぞれ 100 人くらいのア メリカ・カナダユーザーの意見を読んだのだが、どちらも評判がいい。共通し ていえるのは「私はホンダ党だ、誰にでもホンダを薦める」といっている人が 多いことで、これは非常に気持ちいいことなのである。  このネットのサーベイを見ると面白い結果が出ていて、北米のカーユーザー はやっぱり日本よりも実利的で面白い。どれだけの距離をどれだけのメインテ ナンス金額でトラブルなく走れたかを克明に書いてる人が多くて感心する。  それに日本のカーマニアは、それこそシャコタンの人々以外はわざわざネッ トに自分の車について書き込んだりしないと思うのだが、Accord とか Civic などのぜんぜんすごくない車を「value が高い」と熱く語るところが、なかな かナイスな北米ドライバー気質だと思う。
■ 99/11/13(土) 13:41:49 □ Civic Wagon か
 やはり雨になってしまったが、シビックワゴンがあるわよと電話がきた。そ うか軽バンは絶対手に入らなくてもワゴンという手があったか、やったと思っ たのだが、詳細を聞いてみると 88 年式で $○○ とぜんぜん親戚割引もなに もない。なんだそれはと鼻白む。カナダじゃそういうのはないのよとMはいう のだが。が Web で写真を見てみるとまさにほしかった車そのものだ。シビッ クワゴン Shuttle、これ以上のクルマは日本に残してきた軽以外にありえない。  ネットで詳細な相場を調べてみると $5671〜6109 となっている。これら情 報を集めてじっくり考えてみる。M姉の義弟がディーラーというファクターは 「信用できる(彼が昨日今日と乗っていて最低2〜3年は問題なく走ると判断 している)」という点のみのボーナスと考えれば、これはフェアな買い物だな。 税または保証込み $○○ という点を交渉してこれに決めよう。お買い得度と 信頼性からいえば昨日の Accord の方が上だが、クルマの魅力では Civic Wagon がはるかに上回る。おじさんカーといわれずに済むし(笑)。
■ 99/11/14(日) 13:39:02 □ Civic Wagon 商談成立
 Civic Wagon を見てきた。最初ぱっと見たときはスタイルがモダンだから古 くは見えなかったのだが、ボディをチェックしてみるとあちこちにサビが見え る。ボディにもきしみがありかなり行ってるなあと思う。  が走り自体は手放し走行も含め快適で、問題ない。マニュアル車のキビキビ にはとてもかなわないがエンジンは CB350 Four 的にぼーっとストレスなく回 り思う通りに動き、住宅地でのスローはなめらかに安定しているし、ハイウェ イでフル加速してもクラッチのすべりやミッションのつながりの悪さはない。 軽や俺のバイクよりは当然速い。大きな問題はない、要は安くなるかどうかだ けだなと試乗しながら思う。  話を聞いてみるとほぼ現状渡しだという。これだけ行ってる車を整備もせず にそのままで ○○ ドルじゃ、同じ値段で程度がもっとよく整備が完璧な Accord の方がはるかに安心で、ほしいのは山々ながらだめだなとMと判断し、 帰ろうとする。  ところが「これで $○○ なのね」と念を押す俺の顔色を見てM姉義弟はさ すがに商売人、いかんとこちらの意図を読み機敏に方針を変える。「いや待て、 家族価格をあげよう」と俺を連れて商談ルームに駆け込むのであった。ほらみ ろ、カナダでも家族家族はあるんじゃないかとMを残して商談ルームに入る。 あとはなるほどと相づちを打っているだけで狙いどおりのところまで落ち着き、 結果ついた値段は納車整備料込みで $○○。だったら話は別である。  整備してもらいたいポイントを5個所くらいくどいほど確認し、商談成立。 格安ウハウハとまではいえないが、元々タマの少ない Civic Wagon をこの値 段で入手するのは難しいので、巡り合いとはいえるだろう。  Civic Wagon は思った通りに視界がバン並みにどかーんと開け、荷室がたっ ぷりあるいいクルマだった。Maple Ledge の住宅街をテストでそろ〜っと流し ながら、その開放感からすでに景色を楽しむ気持ちが生まれていた。明日これ に乗り景色を眺めつつのんびりと帰ってくるのが楽しみだ。あ、夜になってし まうか。  ネットで Civic Wagon を調べていて思い出したのだが、子供のころ初代シ ビックのミニカーを持っていたなあ。ライフやステップバンも持っていた。子 供心にホンダのデザインはいいと思っていたのだった。俺たちのものとなる Civic Wagon も、ヘッドライトが角目な以外はそれらなつかしい名車のデザイ ンを受け継いでいる。四半世紀のときをへだてて明日からシビックのオーナー となるのだ。巡り合いなり。
■ 99/11/16(火) 12:35:15 □ ようやくゲット、Civic Wagon
 F社から電話。うっ......と緊張したが、こないだの MS 関連仕事の OK が 出たという知らせだった。心配していたのでほっとする。これで Civic Wagon は公式に MS により支払われることになる。  車を借りるはずのBRは来られないとの報。うーむ、駄目か。明日まで待て といわれ、人に頼るのが面倒になりバスはないのかとMKに探してもらうと、 Port Moody から電車が走っていることが判明。Port Moody までバスで行けば あとはすいすいと行けそうである。よし、車が準備できたと連絡があったなら、 行くぞ。できるかどうかまだ分からないのが恐いのだが。 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃ ようやくゲット、Civic Wagon ┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛  Port Meddows へ向かう汽車は2階建てのめっちゃでかくてかっこいい奴で、 MKと話しながら快適に到着。そこで車屋義弟にピックアップしてもらう。必 要な手続きを済ませ、雨の中慎重に慎重に走り出す。ブレーキはキャリパとパッ ドを含めて全部新品になっていた。ワイパーは前後ともきちんと動くが、フロ ントシールドは油膜取りが必要。デフロッガーは非常にいい出来で、サイドウィ ンドウに見事な曇り止め吹き出しがあるのに感動する。  ブリッジまで一般道を快適に進み、7b の暗い雨の高速に入り緊張する。ラ イトをハイビームにすれば非常に明るいのだが、ローだとやや心もとない。パ ワーは十分で、さすがに軽バンより重い分安定している。インターチェンジ部 分の回り込む右ターンでは、FF 車がどんな挙動を示すのかまったく分からな いせいで緊張した。まさか普通のスピードでリアが流れるなんてことはないと 思うが。  緊張の 7b を抜け、Lougheed Hiway に入りようやくほっとする。ギアによっ ては坂道での加速がかなりにぶい。このへんは AT のコツがありそうに思える。 全体に非常にハイギアードな感じで、パワーには余力があるのに車速が伸びな いときがある。エンジンからすればもっとキビキビ走れるはずで、昼間あれこ れトライしてみようと思う。  アパートの駐車場に入り、ゆっくりとバイクの停まった自分のロットへ向か う。静かなところをゆっくり走るときしみが聞こえるが、まあこれは古く小さ い車の愛敬のうち。All in all, かわいい俺のリトルホンダだぜと喜びながら、 一緒に来てくれたMKと走ってきた。MKはなんかバスを降りるところも俺に いわれなければ気づかなかったっぽいし、駅を見つけるのにもぜんぜん見当違 いの方向に歩いていくし、車についてはなにも知らないし小切手の書き方は間 違えるしで全体にぜんぜん役に立たなかったのだが(笑)、あいつと一緒にい ると楽しいのでいい旅だった。  別行動だったMのお医者も問題なしとのことで、よかったよかったの一日な のであった。たった今から天気の心配や出かけたくても出られないつらさとは おさらばなのだ。

目次へ(index)