【Journal】ラピュタが台無しだ


■ 03/04/06(日) 19:56:28 □ P家訪問
 P家訪問。萌は今回はさすがに慣れて、MYちゃんにはわずか2分で「ハー イ」となついていた。俺はTY少年と FIFA2002 で勝負。操作方法が 98 とは 違うので苦しんだが(ダッシュが人差し指ホールドだというのがきつい)、な んとか1−0で辛勝。序盤ブラジルの個人技に信じられないほど押し込まれな がら、フランスの組織でプレスをかいくぐり押し返して勝つという、いい試合 であった :-)。  帰りは最高に気持ちのいいレガシィランであった。バキットラム峠と PoCo コーナーズは、萌が乗ってるので低速ながら、まるでGT2のごとく外輪荷重を きれいに載せ、コーナーに合わせて微妙に切り増しをして、左も今までで一番 うまく曲がれたと思う。いい車に乗り腕を磨けてしあわせ。しかし燃費がよく ないのが謎だ。あー。  GP開幕戦、加藤がクラッシュして重態となってしまった。信じられない。
■ 03/04/08(火) 25:25:35 □ レアルには頭を下げるしかない
 SARS が怖いからもってのほかとスイミングプールにずっと行ってなかった のだが、もうBCでは危機が去ってクリニックも閉鎖されたのだとMに説得さ れ、1月半ぶりくらいに行った。萌は大喜びだったが、はしゃいで何度も足を 滑らせ膝を擦り剥いていた。帰ると俺も萌もヘトヘトな感じであった。  夜レアル対マンU。レアルのパスとシュートは本当に美しい。前線全員が素 晴らしいのに加えてラウールがすごすぎる。巨匠たちが味わい深いボール扱い でじっくり攻めを楽しんでいるのにつけこんでマンUが1点返し、どうにか 2nd レグへの興味をつないでいる。実際マンUはボール扱いが粗くて、見てい て楽しくない。ファンニステロイという力押しをゴールに結び付けられる怪物 がいること以外、なんで強いのか分からない。―――あそうか、ヴェロンがい なかったのか。まあともかく悪いことはいわんから中田を買え!
■ 03/04/09(水) 12:48:31 □ M PC ネットワーク化
 Mが出かけている隙にネットワーク化に成功する。LAN はすんばらしいなあ と、Mよりも俺が感動した。Mマシンからネットワーク経由で俺のマシン上の Email プログラムを実行できる(送受信もそのまま行える!)のだから驚いた。 バックアップもオートにできるだろうし、これでなんでもできてしまう。 Win95 は傑作 OS だ。 ----------------------  Pさんに借りた日本代表の WC2002 DVD を見る。やっぱり試合前は、監督が 一番ナーバスになるんだなあと痛感する。あの通訳の語彙が豊富でびっくり。 ハーフタイムの中田のキャプテン振りがすごい。びっくりした。DFラインを 上げさせようと必死なトルシエの説得もすごい。トルシエは最後にミソがつい たのでネガな印象が残ってしまったが、やっぱりこうして一生懸命やってたん だなあと改めて愛情を感じる。こういう現場を知っていながら、後からいろい ろと批判する川渕会長は大人気なし。  その後楽しみにしていたユベントス-バルセロナ。ユベントスの守備は惚れ ぼれするほど素晴らしいのだが、攻撃がピリッとしない。デルピエーロはさす がのプレーを連発するが、ファウルをもらってFK勝負でOKというところが 伺え、どんな困難な状況でもシュートを打って(しかも決めて)しまうラウー ルを昨日見ている目には物足りなく感じる。もっと物足りないのはMFで、ボー ル奪取のうまさにはまた惚れぼれするが、ボールに一番いっぱい触るダービッ ツのさばきが荒くて遅く、創造性に欠けているので何も生まれてこないのが退 屈だった。ジダンがあそこにいたときとはやっぱり違う。あそこで守備力を優 先するのがセリエ式なのだろうか。とにもかくにも、デサイーが「レアル・サ ンマリノのプレーはこの世のものは思えないハイレベルさだった」と語ったと いう昨夜のレアルを見てしまった後では、これじゃとても駄目なりと思えるゲー ムだった。
■ 03/04/14(月) 12:10:03 □ モールで先が思いやられる
 雨が続く。萌が退屈しているのでモールに連れてきてやる。飯休憩をはさん でモール内遊び場に戻るとさっきよりずっと子供が増えており、前にも遊んだ ことのあるカサンドラもやってきた。萌にとっては文句のないハッピー状態だっ たのだが、2人のガールズが萌を「やーいやーい」と何事かでからかい、俺は ヲヲヲ萌がいじめられているぞと遠くから見ながらややうろたえる。さらに興 奮状態の萌が小さい子を押しのけたりして俺が叱り、最後はけっこうカオス状 態であった。帰るときもダダをこねて大変であった。やっぱり大勢の子供たち と遊ばせるのは難しい。この程度で動転する俺の、先が思いやられる (^-^;。
■ 03/04/16(水) 20:42:02 □ 萌のパニック泣き
 朝、萌の世話をしながら働くために仕事ファイルを Pocket PC に用意して いると、萌がじれて俺の顔を叩いた。やや強く叱ると、最近よくあるパニック泣 きになってしまった。たいしたことじゃないのに、えらい動転して泣くのであ る。そういう年頃なのだろう。こうなるとお母さん以外に救いはなくなってし まう。自分が悪いとは分かっていて、Mがお父さんに謝りなさいといえば「ごっ、 ごっ、ごめんなさあああいああああん」と謝るのだが、いったん動転するとコ ントロールできないんだよなー。まあ泣き止めばもうニコニコなのであるのだ が。
■ 03/04/21(月) 14:20:58 □ 新年度フィーリング
 ついに本当の春が来て、風の匂いがかぐわしく、家で仕事をしているだけで も新年度フィーリングで気持ちが盛り上がってくる。そこにTRさんからCD を送るとのうれしいメールが届き、さらにいい日である。ダイジローが亡くなっ てしまった悲しみが、遠い世界のことのように思える。
■ 03/04/27(日) 09:12:25 □ M thesis 終わる \(^o^)/
 Mの修士論文がついに終わった。調査1年ライティング1年、長かった〜。 Mは出来に納得できず達成感がないといっているが、それはそのうちにも湧い てくるだろうさ。
■ 03/04/28(月) 15:08:02 □ 突如という感じで初夏
 突如という感じで初夏になる。庭にプールを出して萌を裸で遊ばせ、ショー トパンツをはいて庭でお弁当。夏はいいなあ、痛切に。
■ 03/05/01(木) 11:18:54 □ ラピュタが台無しだ
 夜中に咳で目が覚めたが、昨日おとといより体調がよくなった。  Costco へ PC メモリを探しに行ったが、うちのマシンでは使えないタイプ しか売ってなかった。が子供の本セクションを萌と眺めていたら、なんと「ラ ピュタ」英語版が $14! 萌ともども興奮して買って帰ったのだが、声がひど い。パズーとシータの声を大人がやってるのである。若く見積もっても 18〜 20 という感じの、まったくイノセンスが感じられないひどい声。萌も最初は パズーが英語を喋ってるので面白がっていたが、途中から違和感を感じたのか TV を止めてテープを換えてくれとせがむのだった。  その後Mと一緒に見ていて、重要なセリフがいくつも変えられているし、 原作にはない余分な間つなぎの会話がどんどん挿入されてるし、声優たちが図 式的で下手すぎるしで、もう悲しくなってきた。Mもなるほどエキサイティ ングだわねでおしまい。もう、捨ててしまいたい。  シータが「パズー!」と叫ぶシーンが、「Over here! Help!(こっちよ、助 けて!)」になっているのが一番ひどかった。決定的に違う。そんな風には言 わないシータという少女のけなげさが美しいのだとは分かっていないのである。 他にも「パズー? 大丈夫?」が「Pazu, are you all right? You have to answer me! You scared me!(大丈夫なの、返事をしてよ、心配しちゃうじゃ ない!)」とシータがズケズケくどくパズーの応答を要求するシーン に象徴されるように、二人の性格と関係性がオリジナルとまるっきり違う。全 面的に、二人がアメリカのハイティーンならばこうのべつまくなしに喋らない と間が持たないだろう、というシナリオになっている。  だいいち声優も英語版監督も日本版をまったく参考にしてないようで、台本 を渡され才能のない声優が自分の想像力の範囲内で芝居をつけているのが明ら かで、すべての会話のトーンがオリジナルとはなはだしく異なっている。ムス カは最初から悪の化身で少しもあの性格の深みがないし、最後のあのセリフを、 二人がなんの決意も情動も込めずにボソとつぶやくのには、いったいどうして こんなものを日本側は許したのかと情けなくなった。ジブリは製作をチェック してないのかね。  これを見た後オリジナル日本語版を見ると、やはり宮崎アニメは言葉の端々 にまで魂が込められているとつくづく思うのであった。これを非日本語民族に 伝えるすべはないのかね。「千尋」の字幕はすばらしい訳だったが、字幕を読 んでいたら画面を楽しめないしなあ。「千尋」の英語版吹き替えはいい出来だ と言われているので、いつか見てみたい。

目次へ(index)