雨のオートバイ
================
■ 96/10/09(水) 	 □ Neil Young のチケット高し
================

     今日も空はクリアで、朝は息が真っ白になった。去年に比べて今年の
    バンクーバーは雨が少なくて、本当にありがたい。

     午後ニールヤングのチケットを買いに行った。日向では暑いくらいの
    日が射していた。しかし Ticketmaster に電話して聞いたのとまるっき
    り話が違って、フロアの席はないしチケットは $15 も高い。なんだそ
    れは。どうもカナダの電話番男はあてにならん、サードワールド的なと
    ころがある。ともあれ、どこで買っても席は同じなはずなのであきらめ
    て買った。見たいから仕方がない、仕方がないのさニール君。キープス
    ミーサーチンフォーザハートオブゴールド、and I'm getting old。

     そしてハンバーガー屋に入り、何度も読み古した野田知佑の本を読む。
    これを最初に読んだ頃は、野田が踏んだカナダの地に住むなんて想像も
    しなかったとおかしく思いつつ。

================
■ 96/10/10(木)		□ 雨のオートバイ
================

     昨日の夕方あれほど空が晴れ上がっていたのに、一夜明けたら今にも
    降り出しそうな曇天になっていた。うーむ、バンクーバーの天気は全く
    読めない。まあ土砂降りにはならないだろうけど、これは降られるな。

     今朝、タイドプールの「ロマンス」を演奏する夢と、橋の上をHたち
    と歩きながらピストルズを見る夢を見た。あれは千曲川か。なぜ千曲川
    の土手にピストルズがいたのだろう (笑)。

     用事でキッツァラノへ行き雨の中をバイクで走っていると、なんだか
    自分がこの町にいるのがごく普通なことなような気がすごくした。濡れ
    たバイクのシートをバンダナで拭いて、それをハンドルに巻き付け、シー
    ルドを流れる雨を見てメガネクリンビューかなんかがほしいと考えて。
    ───あれれ俺はほんとに昔と同じことをしてるな、と思った。秋の肌
    寒い雨の中、日本でやっていたのと全く同じように俺はこうしてバイク
    に乗っている。今日のバンクーバーの雨は、東京の秋の雨にすごく似て
    いるような気がしたんだが、それはただバイクに乗ってたからだろうか。


目次へ(index)