ロッキン・カナダ
■ 96/08/31(土)		 □ バンド鑑賞
======================================================================

     夜久々にバンドを見に行った。最初のはバンクーバー地元のスコット
    ランド風ロックで、これぞカナディアンバンドと俺がいつも思う、民族
    楽器が入っててうまくて元気でつまらないやつだった。アコーディオン
    とかフィドルとかバグパイプをバンドの芯に入れてしまうと、どんな曲
    をどんなアレンジでやっても、べたーっと一様に「民族音楽風」になっ
    てしまう。音楽で実現できることが限られていく。音色とフレーズがあ
    まりに独特すぎて、バンドの音的思想(?)までも変えてしまうようだ。

     もちろんまず曲とイメージがあってそれらの楽器を選ぶならやりよう
    はあるんだろうけど。タイドプールのMさんのフィドルなんて感動した
    もんな、やはり楽器ではなくセンスの問題か。

     歌ってる内容も実にカナダ人らしく politically correct で、会場
    はどーんとウケてたけど、俺はハアという感じ。安楽死問題とか環境問
    題なんて、5分程度で勝負するポップ音楽にはならんよ、どうやったっ
    て。そういうのは文学や映像のフィールドだ。

    ----------------------
     で次のバンドも期待してなかったのだが、始まってみたらけっこうい
    いので助かった。Blue Rodeo っていうカナダじゃメジャーなバンド。
    カナダのバンドでマイナーコードが入った曲を初めて聴いたような気が
    して (笑)、新鮮だった。なるほど人気があるわけだ。フロントに二人
    いて交互に歌うのがビートルズ的。左のまじめに歌い上げるのがポール
    で、右のシニカルな感じでニールヤングみたいなギターを弾いてるのが
    ジョンか。音楽は、若きイーグルス 80 年代後期という感じ

     しかし数曲聞いたら、やはりカナダではメジャーでもステーツで売れ
    ないのは、理由がないわけじゃないのだと分かってしまった。曲がつま
    らない。歌も演奏もいい感じなんだけど、一度ラジオで聞いて「お!
    これ誰?」と好きになってしまうような曲が一曲もない。残念だけど作
    曲の才能がないとしか思えない。

     ポール風は実に歌とギターがうまいし、なかなかいい曲を書くのだが
    (たまに聞き取れる歌詞もわりとよかった)、やっぱりチャートにのる
    ほどいい歌はいくら待っても出てこない。ジョン風はギターもリラック
    スした態度も歌い方も好ましいのだが、いいメロディを歌ってくれない
    し、声ももうひとつ個性が足りない。ライブは結局最後の方はこのジョ
    ン風のコンセントレーションが切れて、ぐだーっとダレて終わってしまっ
    た。才能が足りないのに天才肌というのは、厳しい (笑)。

     まあカナダで(たぶん)一番人気のトラジカリーヒップよりはスタイ
    ルがシンプルなだけ好ましいけど、結局カナダでしか売れないそういう
    バンドはみんな曲がつまらなすぎる。2時間ライブをまじめに見てそう
    思う。ホッケースタジアムを埋め尽くすほど客が入ってくれるんだから、
    カナダのマーケットが小さくて....なんて関係ないな。ニールヤング以
    外誰も「本当に」いいミュージシャンがいないという異常な状況は、や
    はりカナダにあるわ。

     一緒に座ってみていたRは、最初のバンドも Blue Rodeo もレコード
    を持っててわりと好きなんだそうだ。趣味の問題だから仕方がないが、
    聞く側の要求するよさの水準も低いんじゃないかなーと思う(といえば
    思い浮かぶのがホッケー&バスケだが :-)。アラニスは名曲は全くない
    けど、少なくともアルバム1枚聞かせるくらいの曲は作れるからアメリ
    カ(&世界)でブレイクしたわけだろうけど。

    ----------------------
     この Blue Rodeo を見ていて、カナダという国には、やっぱりこのい
    いバンドが出てこないというところに象徴される物足りなさがあると感
    じてた。それはここらのレストランで当店自慢の料理を出される時に似
    ている。さあおいしいでしょうとトマトのパスタやハンバーガーを出さ
    れても、単に新鮮なトマト・パスタ・挽き肉でしかないという感じ。う
    まいけど、うまくて涙が出るということはない。......いや、そういう
    シンプルな食味の醍醐味を俺が分からないのか (笑)。

     別に住んでて文句はないし、ここ2〜3日のようにみんなと遊んでる
    といい奴ばかりだけど、この Blue Rodeo のライブを見終った時の「は
    あ、これだけか」という感覚はなにをしてもあるなー。なぜなんだろう。
    いい国すぎるんだろうか。

     バンドでギターを弾きたいぜ、俺の壊れた蛇口から。

目次へ(index)