初めてのクロスカントリースキー('96冬)
   From : Tomohisa Sakata
   To   : All
   DATE : 01-28-96  00:52
=========================

  クロスカントリースキーに行ってきましたサイプレス山。バンクーバー
 からすぐの山なのに、異常に寒くてびっくり。

  クロカンは、まーきー君の脅しに心底震え上がった予想ほどはきつくはな
 かったのですが、貸しスキーがよくなくて、えらいくたびれました。クロ
 カンスキーって仕掛けがあって昇り坂でも後戻りしないはずなんですが、
 同行の3人ともがシロートだったためか、TV で見るクロカンスキーヤーの
 ようにスキーを揃えてこぐと、一生懸命進んでもすぐに戻っちゃってちっ
 とも前へ進まないのです。一歩進んで二歩下がる状態。

  ちょっと昇りがきつくなるともうスキーを\ /の字にしないと後ろへ落
 ちて行ってしまうので、結局スキーなしで歩くほうがよっぽどラク。まわ
 りのおじさんおばさんは、\ /の字にしないで揃えたまますいすい登って
 行ってしまうのに。やはりあれをやるにはよほどの脚力と技術が必要なん
 でしょうか。それにしてもたくさんの人だ、日本では考えられないクロカ
 ン人気。カナダ人は下るスキーより登るスキーの方が好きなのかな。

  雪の林間をウシウシと登ってするーと下がるのはまあ楽しかったのです
 が、登るのは歩いた方がラクだし、下がるのは普通のスキーの方がコント
 ロールが効いてラクだというのは事実。こんなものなのかなあと思いなが
 ら、2〜3時間汗をかきました。こんなに大変なら同じルートを MTB で走っ
 たほうが楽しいような気がする。まあ雪があったら自転車じゃ走れないけ
 れど。

  ところが、最後の最後になって恐るべき事実が判明。僕らの借りたのは、
 なんとクロカンスキーではなかったのです。スケーティングスキーと呼ば
 れるものだそうで、荻原みたいに脚力のある人が\ /の字でわっしわっし
 と登って行く専用のあのスキーだったのですね。通り掛りの人にそう言わ
 れて裏を見てみると、なるほどあるはずの「逆戻り防止うろこ」がついて
 ない。げげ。道理で後ろに下がってしまうはずだ。だまされた。

  というわけで、本当の楽しみが分かんないうちに疲れて終わってしまい
 ました。せっかくの体験なのだから、本物のうろこスキーでやってみたかっ
 た。貸しスキー屋の馬鹿野郎。───そんなわけで秘策の健脚カナダ人対
 策(横へ行ってストックを奪って逃げる)も実行するどころではなく、ま
 た負けてしまいました (;_;)。


目次へ(index)