ありがとうウイニングチケット ('93春)
     朝からなにも喉を通らない。気分が悪くなりそうなほど僕は緊張していた。
    怒ってるのかと言われたくらい顔がこわばっていた。勝てる。ちゃんと力を
    出してくれれば絶対、いちばん強い。乗り方も前回と同じでかまわない。勝
    てる。───その通りだったよチケット、偉かったなあ。お前がゴールに入
    る瞬間、僕は両腕を突き上げてなにかを叫んでいた。そのまま倒れてしまい
    そうだった。倒れたってよかった。

     すさまじい政人コールが沸き起こる。すごい。ナカノの時もそうだったよ
    うに、このコールを批判する人も現れるだろうけれど、ぜんぜん違う。この
    瞬間だけは日本の競馬は世界一だと思える。このファンの過剰なほどの愛情
    こそが、僕たちの競馬が世界に誇れるものなのだ。

     歓声が降り注ぐなかをゆっくりと戻ってきた政人さんが、スタンドを見上
    げてにこりと笑う。その顔の美しさ。差し上げた腕のみじかさ。僕は胸が熱
    くなって必死にこらえ、そしてとてもこらえきれなかった。

     生産者表彰台にあがる藤原さん。どんな顔をしていいのか分からないよう
    な顔をしている。どんな気持ちですか。聞いてみたい。トニービンはいいで
    すよと語ってくれた、思い出の馬はスターオーだと語ってくれたあの方が、
    いまこの国で間違いなく最高の場所に立っている。おめでとうございます。
    ありがとうございます。あなたがこんなに素晴らしい第60代ダービー馬を育
    ててくれたのですね。

     チケット、本当にお前は偉かった。表彰式が続くなか、僕は引かれて帰っ
    ていくお前を見ていた。こんなにみんながお前の勝利を喜んでいるよ。それ
    がお前に分かっていればいいのだけれど。子供だったお前の顔を思い出す。
    涙がこぼれ落ちそうになる。おめでとうウイニングチケット、素晴らしいよ。
    ありがとうウイニングチケット、たまらない。愛してる。

                                   93/05/31 (Mon) PM 3:10  サカタ トモヒサ

目次へ(index)