【日記】ウクレレ復活と真夏の日々


ウクレレ復活
=======================
■.04/07/05(月) 10:25:11 □ 念願の野外プール
=======================

 昨夜相撲を最後まで見てしまい、寝過ごして起こされるとRBが来て庭で遊
んでいた。ありがたや。お母さんが連れてきてくれたのかなあ。萌はキッズと
遊ぶ時間が足りないと最近反抗的になるので、これにまさる薬はない。

----------------------
 次いで車を洗い、乾かしがてら念願の子供専用野外プールへ。ちょうど3時
からは幼児と親だけの時間になっていて、広いプールに10人ほどという贅沢
を味わえた。水を浴びていれば暑さも気にならず、やっぱ野外プールは屋内よ
りいいなあと思う。

=======================
■.04/07/08(木) 10:38:57 □ 歯医者終了
=======================

 歯医者。治療はマイナー治療の割には長時間大口を開けねばならずしんどかっ
たが、クリーニングは昔に比べるとていねいでラクだった。口中あらゆるとこ
ろがひりひり痛いが、耐えられぬほどではない。実際やってもらってる間は、
あー歯ブラシでは絶対取れない汚れが取れてるなあと気持ちよかった。ともあ
れ二度で無事終わった、ふう。

----------------------
 俺の誕生プレゼントに母さんからフリーズドライ味噌汁が届いたので電話を
すると、今年の夏はイベント目白押しで燃えてるわとのことであった。市制
50 年とかで、須坂市が有史以来の勢いで有名ミュージシャンをごっそり呼び
寄せ、おばさんたちが大挙押し寄せているらしい。リチャードクレイダーマン、
加藤登紀子をもう見て、このあと玉置浩二(!)、スイスホルン楽団、さだま
さしが来るんだそうだ。この品揃えはいったいなんだと思うが(笑)、おばさん
たちは来るもの拒まずチケットを取り、後から「玉置浩二ってよく知らないけ
どどういう歌を歌ってるの? ....いーじゃない!」と調べたりしているらし
い。キーワードはヨカッタわーという感動を与えてくれる音楽家たちなのであ
ろう。

 そしてコンサートの合間には上高地だ横浜花火祭りだクルージングだと旅行
も行くそうで、くれぐれも暑さには気をつけてくださいよトシなんだからと訴
える。いやはや日本の田舎のばあさまたちは幸せそうでよい。

=======================
■.04/07/09(金) 08:38:24 □ モールで終日過ごす
=======================

 寒い。16 度まで落ちている。こういう寒い日はどう萌の退屈を解消しよう
かと考えた末、これまで行ったことのない中華マーケット探訪を決行。いきな
りアンパンを発見して興奮したのだが味はいまいち、スーパーは売り物がいつ
も行く中華スーパーと同じ。萌が行きたがったラーメン屋もあったにはあった
のだが、客がゼロでしかも仕込みを一切してないというやる気のなさ。あきら
めていつものモールに早々に移動した。

 で久々にキッズエリアで遊ばせたのだが、萌はどうも他の子の言動にオーバー
リアクションで困る。プリスクールなんかと同じ状況だろうから慣れてるだろ
うに、俺がいると依存心が出て「あの子が(私に)go away だって」などとや
たらと状況を報告してくる。

 「あのさ、他の子があっちいけとかいっても別に怒ってるわけじゃないんだ
からさ。OKっていって遊んでなよ。萌がいい子にしてれば誰も怒るわけない
じゃん」「SMは怒るよ」「SMはいつも怒ってるから仕方ないよ、あれも萌
が悪いことしてるわけじゃないんだからOKっていってればいいのさ」。

 昨日夜寝る前に萌はMと、「SMは私が絵が下手だと言ったの」「そんなこ
とないわ、上手じゃない」「それでこういう顔(しかめっ面)したの。SMは
私を好きじゃないんだわ」「そうかもね。でも○○も○○も○○も萌を好きじゃ
ない、大丈夫よ」という話をしたらしい。SMとはこないだのサーカスのあた
りから幸いにも完全に縁が切れているのだが(萌も遊びたがらないし、向こう
もやってこなくなった)、萌はそういう人との関係性というものを今ちょうど
学びつつあり、それでささいなことに過剰反応してるのかもしれない。

=======================
■.04/07/11(日) 11:33:06 □ アジア・フェスティバル
=======================

 こないだ行った中華マーケット Henderson モールで、今日はアジア・フェ
スティバルをやってますよと教わり、そりゃありがたい、レッツゴーと萌に念
願のユカタを着せて飛び出す。

----------------------
 せまくて人が多かったせいか萌がすぐに疲れてしまったが、1ドルのアクセ
サリを2つ買ってうれしく帰ってきた。ダンス以外はあまりアジア的でもお祭
り的でもなかったけど。子供たちのダンスが秀逸で、ほとんどが中国からだろ
うと思われるが中国といっても地方によってまるきり衣装が違って驚く。見事
なダンスが続く割に観客はぜんぜん盛り上がってなかったが、それがアジアの
おじさんおばさんの奥ゆかしさか。日本のおばさんも踊ったのだが日本舞踊と
いうよりも民謡酒場という感じであった。「ちゅらさん」で見る沖縄舞踊や阿
波踊りには首手首足首その他関節の独特のくねりがあって見ていて実に気持ち
いいのだが、日本舞踊にはそれがないなあと思った。

=======================
■.04/07/13(火) 10:33:04 □ ウクレレゲット
=======================

 こないだ10年ぶりに突然弾きたくなったウクレレを、ついにゲット。チュー
ニング法を知らない店のあんちゃんがあれれと苦しんでるときからかなり深み
のあるいい音がするのは気づいていて、音が合えばこれでキマリだと思う。ん
で我慢できず俺はこいつには慣れてるんだ自分でやるからとウクレレを取り上
げてチューニングして弾いてみると、メジャーもマイナーもちゃんとコードが
鳴る。30 秒弾いてこれいただくわ包んで頂戴となった。これほど早く楽器決
断したのは初めてである。やはり安い楽器はよい。

 帰ってからきちんとチューニングすると、最初は弦の伸びとペグのたるみで
音が全然合わなかったのだが、半時間チューンしては弾きチューンしては弾き
を繰り返すと合うようになってきた。いい音。昔持ってたやつより音に伸びが
ありいい音がする気がする。よしよし。昔はこいつとテントをバイクに積んで
キャンプに行っていたのだ。松本扉山キャンプ場でぽろんぽろんと弾いていた、
かすみのかかったあの夏の夕方を思い出す。

----------------------
 さっそくウォーターパークに行くときに持っていく。萌が遊んでる間木の下
でぽろんぽろんと楽しんだ。ウクレレはやっぱり音量が少ないし、それにキー
がギターから4度上になるので知ってる曲を弾くと歌のキーが自動的に半オク
ターブほど低くなる。ゆえに歌声も自然と張り上げずに小さくなり、非常に他
人迷惑の少ない楽器だといえる。

 最近ギターをさっとかまえたときにレパートリーが思い浮かばなくて流しと
してのスランプを感じていたのだが、ウクレレをポロポロやっていると「ああ
俺はこれも弾ける、これも弾ける」とさまざまな曲が心に浮かんでくる。「ス
トレンジボーイ」なんて数年ぶりに歌ったなあと思う。新しい楽器はよいもの
だ。

=======================
■.04/07/14(水) 09:42:49 □ 皆でウォーターパーク
=======================

 今日一緒に遊びましょうとLちゃんお母さんからの電話で起きる。あ、ぜ
ひぜひ。ウクレレを持っていって披露しなければ。

 ウォーターパークは少々肌寒かったのだが、萌とL・KDはこれ以上の喜び
はないというくらいの表情で噴水を楽しみ、次いでプールでも体が冷えて震え
が来るまで楽しみきっていた。萌はこの一家といるときがやっぱり一番楽しそ
うで、本当にご近所はありがたいなあと思う。そこまで行くときに乗せてもらっ
たミニバンで、キッズ4人がはるかかなたの最後列に一列に並んで座ってるの
も、バスみたいで萌は実にうれしそうだった。

=======================
■.04/07/15(木) 12:06:19 □ Crash Crawly
=======================

 プリスクールの友達CTのバースデイ、Crash Crawly という屋内遊戯施設
でパーティがあった。思ったよりもずっと大規模かつビッグキッズ向けの遊戯
施設で、しかも係員もサポートもまったくいないところなのだった。マクドナ
ルドのジムでもだめな臆病萌が、こんな複雑巨大ジムを登れるワケがない。

 しばらくはCTのお姉さんが助けてくれたのだが、萌自身が楽しんでないの
でとりあえず「3歳以下」エリアで俺が一緒に遊んで気持ちを取り直させる。
プリスクールで気が強くて怖そうだったSRがここにいて、この子が実は気は
強くてもぜんぜんエバりじゃなくユーモアもあっていい子で仲良くなった。そ
して萌の気分が盛り上がったところで自力で登れる高さのジムから再度トライ
させると、そこからは自信満々になり、自力ですごく高いところへ行けること
に高揚して楽しんでくれた。どえらく高く遠くへ行ってしまい見えなくなって
ハラハラしていると、意外な場所にある出口からだーっと戻ってきて誇らしげ
な顔をしている。よかったよかった。


Smoke on the Water のイントロ
=======================
■.04/07/17(土) 14:06:38 □ 数ヶ月ぶりのオフ
=======================

 MKの会社のピクニックに萌が呼ばれ、Mが連れて行き俺は数ヶ月ぶりのオ
フとなった。2本以上たまっていたビデオを着々と消化しながらネットの記事
を読み消化し、ただただリラックスする。TVJapan で「おしん」もやってたの
だが、先週大人になりいったん好転した運命がまた暗転したところで、これは
クドすぎると見る気が一気に失せた。「おしん」はアジア中東で大ヒットだっ
たらしいが、苦境に耐えるというところに美学を感じるメンタリティが日本と
共通しているのだろうか。

----------------------
 萌は超ハッピーで帰ってき、どこにいってなにをしたのかと元気に報告し、
そして今日は一緒に遊んでない分を取り戻そうというのかその後寝るまでずっ
と俺にくっついていた。庭で1時間ほど遊んだり、「ピタゴラスイッチ」ごっ
こ(ドミノ倒し)をしたりして俺も萌との時間を楽しんだ。

=======================
■.04/07/23(金) 08:59:47 □ 庭で3時間半
=======================

 月曜から萌がハナ風邪で家で過ごす。なんか萌は家に閉じこもったわりには
機嫌がよくて、病気のときは仕方がないと割り切って俺との遊びを楽しんでい
る模様。

 午後体調が上がったので、退屈袋の緒が切れた萌のためにAZ家に電話した
のだが留守。今日は日陰で37℃(実測)という苛烈な暑さなので、病みあが
りの萌(俺も風邪)をウォーターパークに連れていくわけにもいかない。思案
の末庭の日陰にプラプールを置いて水を張ってやると、萌はだいぶ気が紛れて
ハッピーになってくれた。霧吹きも気持ちがいい。

 しかし暑い。37℃とはいえ日陰にいれば我慢できるから日本よりマシだが、
庭の木陰に入ろうと日のあたる場所を通るたびにクラクラしそうだ。


 結局庭で3時間半も水浴びして過ごし、夕方となった。ふー。そして家の中
がこれから西陽で暑くなる。2階は 32℃でピタリと温度が決めうちになった。
12時頃までここから下がらず。ふいー。いろいろ工夫して、窓の外に扇風機
を置く以外に室温を下げる方法はないと分かる。Mと萌は耐えられず、涼しい
1階のグランマのところで寝てます。日記を読んでも去年はここまで暑さに苦
しまなかったので(とにかく雨が降らなかった覚えているが)、今年は特別に
暑いのだろう。

=======================
■.04/07/25(日) 10:03:50 □ 夏恒例の家族結集
=======================

 今日は萌が待ちに待ったBV家のパーティ。庭のプールで萌の足が着いたの
で皆でびっくりし、萌もなんか誇らしげだった。ウクレレを持っていったおか
げで俺も退屈しなかった。最近あそこのキッズが楽器に目覚めてるのでギター
もあったし。

 しかしMRが最近ギターを買って練習を始めたらしいのだが、やってる曲が
「Smoke on the Water」と「Stairway to Heaven」の各イントロのみだけなの
である。Smoke on the Water のイントロなぞ弾けてもなんにもギター習得に
役立たないし、Stairway to Heaven のイントロなど初心者に弾けるわけがな
い。教えてくれといわれてどちらも指南したものの、目に見える進歩などする
わけがない。ギターもひどいもので無茶苦茶弾きにくかったし、本当に習いた
いならギターと教材から俺に選ばせればよかったのだ。そしたら小ぶりのアコ
ギを推奨し、たとえエレキでももっと弾きやすいものを選んでやれたのに。

 ―――だけどまあ、これは『Smoke on the Water のイントロが弾ける』が
『スケボーでトリックをできる』トカと同じことなんだろうな。小学生だし。
俺はフォークソングを弾けるようになりたいとアコギを買って、次いでチャー
みたいにソロを弾けるようになりたいとエレキを買うという王道を歩いたけど、
たった4歳下の弟OKOですらアコギを買わずにエレキから始めてしまってた
もんなー。ましてや3世代くらい違うMRにアコギを買わせようというのも酷
な話だろう。なんかせめて役立つことを教えてやろうと3コードのロックンロー
ルリフを教えてやったのだが、3コードのロックンロールソングを何も知らな
い小学生MRなのであった(笑)。がっくし。

=======================
■.04/07/26(月) 22:56:05 □ 日本のお肉
=======================

 AZ家に肉の宅配があり、それを受け取りに近隣の日本人親子が大挙して集
まった。俺はなんか近所で評判の芸まめなお父さんとなっていたようで、クレ
イ人形やウクレレを持ってきてくれと注文があり、行くとえらい喜ばれた。そ
のあとウォーターパークにも行って萌は大変しあわせな日であった。しかし子
供が5〜6人にベイビーが3〜4人もいると、常に人数点呼をしてないと危な
くて仕方がなく、てんやわんやであった。

----------------------
 宅配の肉は日本人がやっている肉屋の豚肉などなのだが、飼料に大麦を与え
肥育しているとのことで、たしかに日本の豚のような脂肪の甘みがあってうま
かった。肉の味そのものはさか田の豚に比べると2枚は落ちるが、日本の肉は
「食材というよりも『珍味』に近い(ほどの手間ヒマコストがかかっている)」
という兄貴の名言の通り基準が違うので比べるべきではない。なによりも、ス
ジ軟骨除去などの前処理がちゃんとしてあり性能の高いスライサで極薄切りに
してある肉というのは、とにかくどう料理してもうまいのである。これが肉の
王道なり。スーパーでたとえ肉の極薄切りを頼んでも、上記2点が満たされず
この食感は絶対に出ないのだ。カナダでこれだけおいしい豚が食べられるとい
うのはやっぱり実にありがたく、今後も注文しよう。



雑文目次 / サカタ@カナダ Home