クロアチアの青い空
Subject: Re: アンリの肘撃ち(結果含む)
From: Tomohisa Sakata
Newsgroups: fj.rec.sports.soccer
Date: Fri, 10 Jul 1998 02:06:30 +0900
Thanks To: KJ san
--------

  ■□ 長野のサカタと申します

/~~ In [ Re: アンリの肘撃ち(結果含む)] , KJ san wrote:
> 私も見てましたが、あれは故意ですね。
> アンリは頭で競る気はなかった。
> アンリの体が邪魔で審判からひじうちが
> 隠れて見えなかったのでしょうか。
>
> この報いはブラジル戦で受けてもらいましょう。
> (個人的にブラジルに優勝してもらいたいもので・・・)

  私は逆にブラジルを倒す国の出現を待ち望んでいたので(単なる判官びいき
 です)、フランスのどたばたサッカーにはやや失望しております。フランスっ
 て日本代表みたいですね、ソリッドなディフェンス、中盤にはキング、点を取
 れない攻撃陣。うまさは5倍くらい違いますが。クロアチアが決勝に出てブラ
 ジルの猛攻を抑えられるとは思えなかったので、より守備の堅いフランスが決
 勝に進んだのは悪くないんですが(開催国だし)、......うーむ、あんなんで
 決勝を盛り上げてくれるだろうかと不安になっております。決勝でブラジルと
 当たるのがオランダだったら素晴らしかった。

  私にはクロアチアのサッカーの方がずっと楽しかったです。組織プレーなん
 てわりと苦手そうなタイプのプレーヤーばかりに見えるのに、局面局面での個
 人判断がシャープで、それがザクザクといいリズムを刻む故に他のプレーヤー
 と噛み合っているという感じに見えました。なんかほら、プライベートじゃ会
 うこともないロックバンドがツアーとなるとステージに集まりバチーンといい
 音を出すみたいな感じで、かっこいいなーと思いましたね〜。さようならお疲
 れ様、私たちを倒していったクロアチア :-)。



Subject: Re: アンリの肘撃ち(結果含む) From: Tomohisa Sakata Newsgroups: fj.rec.sports.soccer Date: Fri, 10 Jul 1998 19:38:07 +0900 Thanks To: bluet san --------   ■□ 長野のサカタです /~~ In [ Re: アンリの肘撃ち(結果含む)] , bluet san wrote: > 僕もブラジルが負けるところを見たかった(トーナメントで)。 > ベスト4に入った国の中 > で最もその可能性があったのはオランダだったと思うのですが。  ブラジルの片足を棺桶に突っ込ませてましたよね、実際(笑)。もう片方の 足を払うはずのベルカンプが効いてなかったのは、日程が詰まっているがゆえ の疲れだったのでしょうか(やっぱりサイボーグではなかったのね :-)。 > あと、フランスのサッカーは確かに日本代表を思い起こさせますね。でも、僕はそれ > にあまりネガティブな思いはなくて、10年後くらいの日本代表が今のフランス代表く > らいのレベルになってくれたらいいな、という気持で見ています。  そうですね。相手にもよると思いますけども、2002 年ですでにおとといの フランスくらいのパフォーマンスは見せられるんじゃないでしょうか。それは あまりに楽観的すぎますか、すいません (^-^;?
Subject: クロアチアの青い空 From: Tomohisa Sakata Newsgroups: fj.rec.sports.soccer Date: Fri, 10 Jul 1998 23:03:03 +0900 Thanks To: iizuka-akimitu --------   ■□ 長野のサカタです /~~ In [ Re: アンリの肘撃ち(結果含 む)] , iizuka-akimitu san wrote: >>  私にはクロアチアのサッカーの方がずっと楽しかったです。 >> 組織プレーなんてわりと苦手そうなタイプのプレーヤーばかり >> に見えるのに、局面局面での個人判断がシャープで、それがザ >> クザクといいリズムを刻む故に他のプレーヤーと噛み合ってい >> るという感じに見えました。 > > 私は多分一番悪かった時のクロアチアを見てるせいか、 > 「あんなチームが決勝に行くのはイヤーーッッ!!!」 > って思って見てました。(^^;)  とはは。でもほら、やはり1試合ずつチームというのは変わっていくんじゃ ないでしょうか。ドイツを破ったときのクロアチアのサッカーなんて、ほんと 美しかったと私は思いましたですよ。ドイツが破れたのは1人足りなかったか らだけとは思わなかった。おとといも、ボバンが下がらなかったら(怪我だっ た様子)まだまだ分からなかったし。  日本とやったときは iizuka さんと同じで、「この試合日本が勝ちを受ける 資格は大有りだ」と思いましたが 、結局受けられはしなかったですね。誰も が言うようにそこが境界線なのだといえばそれまでですが.......悔しかった なあ、また思い出してきてしまった(ため息)。でもあの試合のおかげでクロ アチアがここまで進んでこれたのだと思えば、我らの敗北もやや救われます (※そんなことは本当はない)。 ----------------------  元々私は、「困った、クロアチアはどうもいい人が多そうだ」と日本−クロ アチア戦前から悩んでおったのです。ひとつ前の試合でジャマイカ選手がイエ ローをもらいいきり立ったら「やめときなよレフに逆らったらレッドだぜ」と なだめてあげたり、怪我をした選手にボバンが「本当に大丈夫か、無理するん じゃないぞ、この試合で終わりじゃないんだ」と気遣ったり(セリフは読唇術 で採取)、実にビッグハートな人々そうで。民族の誇りにかけてファンを守る ためにボバンが機動隊と戦ったという話も、70年代ロック歌手パンタの歌の ようで胸が震える。  そんな『左門豊作的な人を相手に』(競馬ライター日没閉門氏・談)戦うこ との悲しみは大きかったのです。....日本がこんなチームを倒さなければなら ないとは。....彼らが 2nd に進めなかったときの彼の国民の嘆きを思うと。... 蹴球の神様ってなんて残酷なんだ....と、それらはまるで無用な心配であった。  そんなわけで、ひいき目が入ってましたが、クロアチアのサッカーが楽しかっ たのは多くが認めるところじゃないでしょうか。3位決定戦がかなり楽しみだっ たりします。
Subject: Re: 国歌について From: Tomohisa Sakata Date: Fri, 10 Jul 1998 19:38:05 +0900 Thanks To: ITOH san --------   ■□ 長野のサカタ@ブラジルの国家はイントロがあまりにも長すぎるです /~~ In [ 国歌について] , ITOH san wrote: > 君が代は荘厳かつ重厚な旋律はよいのですが、その君主崇拝的な歌詞の > 内容と、歴史において不幸な使われ方をしたことから、どうも素直に歌えませ > ん。同じように感じている日本人の方はきっと多いので、代表の試合でも国 > 歌斉唱のところでテンションが下がるのでしょう。 > あのような歌詞の国歌は他にあるのかな? イングランドなどは女王万歳 > 的な歌詞なんですかね?  国際政治通な私の同居人にいわせると、どこの国の国歌だって君主を称える か戦いに向かう男たちを称えるかのどちらかに相場は決まってるのだから、日 本国民だけが過去の歴史と結び付けて国歌を歌うことをためらうのはちょっと 考え過ぎではないか、とのことです。なるほどそうでしょうか。  私がカナダ・バンクーバーでWC予選カナダ対エルサルバドルを見たとき、 エルサルバドル国歌斉唱時ふと気がつくとまわり中の人々が大声でそれを歌っ ていました。うわわバンクーバーにこんなにエルサルバドルの移民がいたのか と驚くと同時に、こういう曇りのない単純な愛国心というのはうつくしいと感 動してしまいました。  そんなものでアルゼンチン戦での国歌斉唱時には、真似してTVの前で胸に 手を当てておりましたです。回りに人がいたので照れて歌いはしなかったけれ ど、これがスタジアムだったなら俺はきっと大声をはりあげて歌っているなと 思いながら。

目次へ(index)