【古典シリーズ '93】坂田家の馬
競馬のメーリングリストで、メジロワースというなつかしい障害飛越競走馬の話が出、それで思い出しました。坂田家の馬は名門メジロ牧場の馬を障害レースで粉砕したことがあるのです :-)。
Thanks To : Niftyserve Fhrace Members
            ずい氏(関西競馬ファン)
            B.G氏(栗東調教助手)
            よんこーなー氏(関東乗馬ファン)


00395/00395 サカタトモヒサ RE:RE::ニホンピロウイナー (12) 93/05/22 17:05 00394へのコメント > 個性派揃いの80年組の種牡馬。  はじめましてずい様、なるほど面白そうな馬たちの名前が並びますね。 シービーとカツラギエースはさすがにいい仔を出しているようですが、 ほかの馬たちは厳しいのかもしれませんね。リードホーユーは2年前に 北海道に行った時に、牧場で静かに暮らしているのを見た記憶がありま す。しずかにしずかに暮らしていました。  以前からの発言で、ずいさんは関西のベテランファンかと推察してい るのですが、多分そうですよね。そこで図々しくもお願いがあるのです が、もしかもしかカブラヤオーの芦毛でホワイトファイターという馬を 覚えておられないでしょうか。以前らもーぬでもこのお願いはしてみた のですが、どなたもご存じなかったようで話は聞けませんでした。  歳がタマモクロスと同じくらいの関西馬で、平場で1勝して障害に入り、 その後新潟地方競馬に転厩したと大まかに聞いています。が、それ以上詳し いことは分かりません。その馬がいま私の父親(在長野)のもとで馬術競技馬 としてシアワセに暮らしているのです。ご存じなかったら仕方がありません が、そんな馬がいたなとでも覚えておられましたらぜひお話を聞かせてくだ さい。  いまやまるまると太り(600k楽勝オーバー・笑)、障害をびゅんびゅん 飛んで父をてこずらせているけっこう気性の悪い (笑) 彼が、現役時代は どんなレースをしていたのか想像すると知りたく知りたくて。オークス で今はお忙しいでしょうから気長に待ちますので、ご存じでしたらどう かお願いします。
00494/00494 B.G. RE:RE::ニホンピロウイナー (12) 93/05/29 12:38 00395へのコメント >サカタトモヒサさん ホワイトファイターはタマモクロスと同じS59年生まれですが、名古屋公 営から7歳になって中央入りしたため、同じ時期に中央に在籍していたこと はありませんでした。ちなみに東海公営ではA1にランクされていた馬で、 中央入りまで63戦して、8勝し、2着11回、3着12回という成績を残 していました。 中央では、入厩後すぐの夏の小倉から走りましたが、残念ながら平地では結 局1度も勝てませんでした。(中央入りした年には勝てないながらも7月か ら12月まできっちり月2回のペースで走り続け、1度掲示板に載っていま す。)ホワイトファイターの中央であげた唯一の勝ち星は年明けて8歳になっ た1月の障害戦。10頭立ての4番人気に推されたホワイトファイターはマ チカネヤマオロシを負かし、中央初勝利をあげました。しかし続いて使われ た障害の400万条件戦の後、繋靭帯炎のため、放牧に出され、その後中央 の競馬場で彼の姿を見ることはできなくなってしまいました。 現役時代の彼は500kg前後の馬体を活かし、トビの大きなスピード感溢 れるフォームで活躍していたのですが、トップスピードになるまで多少時間 がかかるということがあったために展開や条件に注文はついたようです。 (ちなみに地方では初勝利をあげたのは2着に5回、3着に4回も来た後で した。)競馬でいうところの器用さはあまりなかった彼ですが、障害は練習 のときから飛越の巧みさが評判になっていたほどで、あまり流れが早くなっ たりはせず、平均ペースで走れるレースの特性も彼には合っていたようです。 ホワイトファイター 父 カブラヤオー 母 ハイデンニセイ(ラナーク) S59年2月20日生まれ 新冠 ハクツ牧場 中央通算成績 14戦1勝(平地 12戦0勝 障害2戦1勝) ぶりがでぃあじぇらーど
00496/00496 サカタトモヒサ ありがとうございますホワイトファイター (12) 93/05/29 15:50 00494へのコメント > 現役時代の彼は500kg前後の馬体を活かし、トビの大きなスピード感溢れ > るフォームで活躍していたのですが・・・・・・  ああB.G.さん、心から感謝します。まさにこういうことを聞きた かったのです。数字や記録はなにか本を買うなりすれば分かるかもしれ ないとは思っていましたが、こういったことは知っている方にすがるし かないと。本当にありがとうございます。やっぱりうちのホワイトファ イターは本当に競馬を走っていたんですねー。 > 競馬でいうところの器用さはあまりなかった彼ですが、障害は練習のときから > 飛越の巧みさが評判になっていたほどで・・・・・・  喜喜喜 (喜)。ちょっと嬉しがって現在のホワイトのことを書かせてく ださい。ダービーなのにすいません (笑)。新潟から長野へワタシの父 親に連れられてきた当初は、やはり今までとは大違いの環境にナーバス になっていたようです。が、しばらくすると「もう競走馬じゃないのだ からいくらでも草を食べてよい」というしあわせに気がついて、猛然と 原っぱの草を食べ始めました。『いっぺん体をゆるめて休ませて、性格 の温和な面を引き出してやるのだ (威張)』と父親は周到な計画を語りま した。 ご存じのように馬場馬術ではトビが大きいことはけっこう不利ですので、 まずは細かくキャンターを刻むことから叩きこまれました (僕も少し乗ってみ ましたが、アラブなどに比べてトビが大きくて恐かった、アレを簡単に乗り こなす競馬関係者は本当にすごいですね)。と言っても父親は馬に非常に甘い ので、いわく『馬の気分を損ねぬよう、障害馬術が嫌いにならないように、 まあ馬優先主義だな (威張)』と大事に仕込んでいました。このあたりはB. G.さんのお仕事でも同様なことでしょうね。 障害飛越はお話のように素質が高く、とにかく拒止をしません。まあ乗っ ているのが老ライダーなので、高さや幅のある障害にはトライしないのです が、これは大きな長所でした。そんなこんなで調教数ヶ月で初出走した競技 会では、もうヤネが年だからと特例で『子供の部』に出してもらい (笑)、飛 越の大きさと鞍上のキャリアで結構本気で優勝を狙っていたようです。私も 友人を連れだって東京から応援に駆けつけました。やっぱり力が入るもので す。新馬戦ですから。 ---------------------- 飛越にはほとんど不安がないのですが、やはり本番となるとサラブレッド、 アタマに血が昇りかかってしまい、トビがどんどん大きくなってしまいます。 障害を跳ぶたびにスピードが上がり小さくターンをまとめられなくなってい きます。まずい。これでは曲がりきれなくなってミスをしてしまう。応援団 は青ざめました。 あと少しで完走というところで大きくターンをはらみ、体勢を立て直しま す。すると───まずい。鞍上と馬が別の障害を見ている。進行方向左の障 害を跳ばねばならぬのに、馬が正面のを跳ぶ気になっている。応援団は悲鳴 をあげました。駄目だ! それを跳んじゃ駄目だーーーっ! ぴょん(軽々)。 『ブー! 経路違反で失格です』。あああああ。がっくり。そして大笑い。 というわけで完走すらできなかったわけですが、新馬戦としてはまあよか ったのではないかと父親も満足しておりました。本馬は自分が失敗したとは ぜんぜん思ってないので、大威張りの顔をしていました(笑)。馬は本当に面 白いですね。実際世話をして調教をするのは滅茶たいへんですが、これほど 付き合っていて面白い動物もないでしょうね。本当に教えてくださってあり がとうございました。今年中に1勝を上げると張り切っている父親に教えて やります。
00495/00496 よんこーなー RE:RE::ニホンピロウイナー (12) 93/05/29 14:36 00494へのコメント >B.G. >サカタトモヒサ そうでしたかー、7才で中央入りしたのですね。当然3〜4才でデビュー してるものだと思ってました。どおりでどこにも見当たらなかった訳です。 何もお役に立てなかったおわびに、彼の勝ち鞍の成績をUPします。 平成3年第1回京都競馬7日目 1月19日 第5R サラ障害 5才以上・未勝利・○混 ダート3000m 晴れ・良馬場 着順 馬番号 馬名 斤量 騎手 タイム/着差 1 4 ホワイトファイター 59 藤原哲朗 3:21.7 2 10 マチカネヤマオロシ 58 梅野信一 1−3/4 3 9 メジログッデン 58 押田年郎 クビ 4 2 ハローウィン 55 中竹和也 1−1/2 5 6 ヒスパニック 56 林 満明 大差 6 5 クリスタルフラワー 57 古小路重男 7 7 1 マチカネソーラン 59 広松孝司 1/2 8 3 ブラックスペイン 59 大森勇一 3 9 8 ポットワールド 56 酒井 浩 1/2 10 7 ジョーオビト 59 池添兼雄 大差 なんと、あのメジログッデンに先着していたのですね。 その能力を今度は競技会で発揮してほしいですね。 よんこーなー
00497/00497 サカタトモヒサ ありがとうございますホワイトファイター2 (12) 93/05/29 16:10 00495へのコメント  > よんこーなーさん  よんこーなー様までもが記録を調べてくださってたんですね。ありが たくて泣けます。未勝利戦とはいえメジログッデンに先着とはエライこ とですね。これも父親に知らせてやらねば。競技会では前記のようなと ぼけたコトをしていますが、いずれ力を見せてくれたらすごいなと僕も 思っています。    とはいえ鞍上が。いつまで体が持つことでしょうか (笑)。数年前に 落馬した時には骨折してえらいことだったのです。よんこーなーさんも デビュー戦では落馬なさったとのことですが、次は落ちないように頑張っ てくださいね。いらぬ心配ですか (^_^)。 ...本当にダービーなのにこんなコト書いててすいません (笑)

目次へ(index)