ヨーコオノ再び ('96冬)
   From : Tomohisa Sakata
   To   : All
   DATE : 03-07-96  01:48
=========================

  ちょっと遅いんですけど、おとといなんかのコメディにヨーコ・オノが
 出てました。ずいぶん昔からやってるコメディで、主人公はジョンレノン
 狂の映画監督。かねてより「ジョンの愛した」ヨーコと仕事をしたいと願
 い出ていたのが念願かない、ヨーコの家へ招かれるのです。

監督  「(緊張している)本当に光栄ですヨーコさん(とかなんとか)」
ヨーコ「私はあなたの才能を買ってるのよ(とかなんとか)」
監督  「ありがとうございます。僕もこの作品を通じて、世間のヨーコさんに
        対する誤解を解きたいと」
ヨーコ「誤解? 世間が私をなんだと言ってるの?」
監督  「う(青ざめる)。」
監督妻「いやもう彼は本当に、ヨーコさんにぞっこんなんです!(トカナントカ)」
ヨーコ「世間はなんだと言ってるの?」
監督  「いえあのほら、び・ビートルズが解散したのはその アナタノ セイダ トカ....」
ヨーコ「(まあ! という顔をする)」
監督  「いやホントはそんなことないんですよねあのその世間というのは、
        まったく!!」
妻    「そうそう全く違いますわよね、あのその...!!」

  という調子で、大笑い。あげくにヨーコが

 「ウェル。世間は私のことをジョークなんか決して言わないと思ってるん
   でしょうけど、私だって時にはおかしなことを言うのよ」

  などとおどけてみせ、監督・妻は「いやまったくあなたは面白い、あー
 ははは・はーは (^_^;)」と必死に答えるのでした。

  ジョンレノンをよく知る映画監督が、ヨーコに対してそんなステレオタ
 イプな恐怖を抱いているというのがだいたい非現実的なのですが、そこは
 それコメディで、ともかくヨーコは本当にチャーミングなのでした。これ
 で北米における積年のヨーコ不人気が一気に払拭されるのは確実ですね。
 ほれ見たことか、ざまあみろオロカ者どもめとジョンとヨーコを支持して
 20 年のわたくしは、胸のつかえが下りるのであります。

  しかしヨーコもこんなに大衆にサービスしてあげるほど、やっぱり人間
 が丸くなってるんですね。ショーの最後のシーンは、「ギブピースアチャ
 ンス」が流れ、ヨーコと監督夫妻が有名な「ベッドイン」をしてました
 (ジョンとヨーコがベトナム戦争反対のため行なったパフォーマンス)。
 様々な思い出もみな遠くなっていき、やがて全て笑えるときが来るものな
 のでしょうか。All we are saying is, give peace a chance。