柴田善臣男前 ('93春)
    93/05/17

     『カッチーに感謝しろよヨシトミー!』。安田記念表彰式、僕が見て
    いたウィナーズサークル前では善臣にこんな声援が飛んでおりました。
    ───ふむふむ。どんな事情か知らないが、たしかに田中カッチーが乗っ
    ていれば善臣にチャンスはなかったな。秋は横山兄あたりを乗せて走っ
    てくれないかなゼファー。───けれどその掛け声を聞きながら僕が本
    当に感じていたのは、そういうめぐってきたものだからなおさら、余計
    に善臣のこの勝利は気持ちが晴れるよなあということでした。

     新馬から乗り込み育て上げた馬でGIを取れたら、誰だってそれがいちば
    ん嬉しいのだろうけれど、こういう訪れたワンチャンスをパーフェクトにコ
    ントロールして馬を勝利に導くということも、ジョッキーの誇りだろうと想
    像します。本当にあの日の善臣ゼファーは、最初から確信に満ちてふるまっ
    ているように見えました。

     そしてそれよりもなによりも。ホクトヘリオスと共に常に怪物級の馬に負
    けてきた柴田善臣には、このあっけないほどさわやかなGI初勝利が見事に
    似合っているから嬉しいのだ。表彰台へ向かう彼の笑顔を見ながら、僕はそ
    う感じていました。どうしてもあがいても勝てなかったわけでは決してなく、
    いつでも「その時がくれば」さらりと勝てるジョッキーだったのだという証
    明を、彼はこれまたさらりと自分でしてみせたのです。気持ちがいいぜヨシ
    トミ男前。

     そしてありがとうゼファーと僕はつぶやきました。お前の走りは最高だっ
    た。同時にヘリオスと、それを下してきた馬たちへの愛情も僕の胸によみが
    えらせてくれた。────最高の勝利でした。チャンスを逃さずつかんだこ
    の気高い二人に、誰もが拍手を送っていました。

目次へ(index)