【日記】幼稚園評論家


アジアカップでアジアの歴史勉強
=======================
■.04/07/27(火) 20:40:45 □ 日中韓の歴史
=======================

 もはや真夏は去ったのかという、晴れていてもさほど気温が上がらない日。

----------------------
 オンラインサッカーマガジンの草分けである 2002Club を主宰していた西村
幸祐
という人の名前を久々に見て、リンクをたどってみたらなんと驚いたこと
に、この人は中国韓国を敵視し、左寄りの朝日新聞を罵倒するというカリカリ
の右派政治論客になってるのだった。というか、こっちがもともと本職だった
らしい。驚いた。そういえば最後にこの人の文章を読んだのは、2002WC 韓国
快進撃(を批判しない日本マスコミ)を批判する文章だったと思い出す。

 かなり大量の文章をダウンロードして読む。中韓朝日批判で言ってることは
整然とつじつまが合っているのだが、しかし「いくらなんでもそんなに全ての
事象が日本に都合のいいコトだったわけがないだろう」と全然納得できない。
逆に、これほど納得できない主張でも反論の余地が俺のような政治素人には見
つけられないのだから、相手(中韓)が言ってることも同レベルでつじつまが
合ってるんだろうなあと思う。こりゃ話し合いではカタがつかないわけだ、
ナショナリズムというものは。

=======================
■.04/07/31(土) 23:29:07 □ ピットメドウズ・ER家
=======================

 今週萌は退屈していたわけではないが、金曜に来たBT以外に友達と遊べな
かったのでフラストレーションをためているのが朝から明らか。そこでER家
を初めて訪問した。ピットメドウズというところは Lougheed Hiway からは殺
伐とした平野に見えるのだが、いったん道を折れると Port Coquitlam やバー
ナビと違った、なんか広い道にきれいな学校などが整然と建つ美しい町なのだっ
た。ERちゃんと萌は一緒にいてもあんまりコミュニケートしないのだが、萌
は友達の家で一緒にいるということだけでうれしいらしく、なんかこちょこちょ
と幸せそうに遊んでいた。両親とも音楽家であるゆえに俺もなんかリラックス
できて、音楽の話やコンピュータの話をできた。明日はパウエルストリート祭
り。

=======================
■.04/08/01(日) 20:33:50 □ パウエルストリート祭
=======================

 7〜8年ぶりのパウエル日本祭り、あのあたりはパーキングが大問題だから
バスで行くべしと押し切られて、延々と「あークルマだったらもう着いてるの
にまだ半分にも達してないぜ、あーバスは疲れるし車酔いする」と鬱々として
向かったのだが、奥さんが正しくて車で来ていた家族は皆時間に追われて汲々
としていた。それはともあれ祭りは暑かった。昔に比べると催し物の盛り上が
りに欠け、一番の人気の太鼓も景気が悪いなあという感じだったのだが、萌た
ちはユカタを着て駄菓子的なものを食べまくっていることで十分楽しかった様
子。6時頃の終わりにもっと盛り上がるだろうとは思っていたのだが、暑くて
疲れたので4時ごろに切り上げて帰ってきた。次回行くときは午後遅くに行こ
うと思う。

 しかしあのダウンタウン東近辺は恐ろしいところである。歩いているほとん
どの人がドラッギーで、小銭やタバコを恵んでくれという以外こちらに干渉し
てくるようなことはないのだろうが、やはりああ異形の人々がゾロゾロ歩いて
いると緊張してしまう。彼らはお祭りをやってる公園の外周に座り込み、一日
中祭りを眺めていた。時折ヤジを飛ばしてはいたが、自分たちが明るい家族連
れとは別の世界に属すると自覚し自重してか、中には入ってこないのあった。

=======================
■.04/08/07(土) 09:44:08 □ アジアカップやれやれの勝利
=======================

 アジアカップの結果をニュースで見るためにビシっと起きると、無事日本が
勝っていた。バスが囲まれた程度で大事件も怒らなかった模様。ほっ。しかし
2点がセットプレーでしかもハンドありでは、苦労した割に爽快感に欠ける優
勝である。まあこれはコンフェデ杯その他への予選突破と考えれば、とにかく
勝てればいいのかなとも思う。これでジーコでWCは決まってしまったので、
オリンピック後合流するであろう山本アシスタントコーチによる細かいところ
の調整に期待するしかない。山本氏は監督としては勝ちに行くガッツが見えな
いところが物足りないので、それしかないジーコとの組み合わせはちょうどよ
さそうだし。

----------------------
 このアジアカップを契機に西村幸祐氏のページからリンクでたどった日中韓
歴史ページ群もついに読破した。今までは日本政府内に多い戦前日本美化ライ
トウィングが一方的に悪いのかと思っていたのだが、コトはそう単純ではない
と認識を改める。Mとも話したが大まかに把握しておくべきことは以下の通り。

=======================
●韓国問題
=======================

 韓国をロシアに取られてはならないと日本が植民地化したというのは当時の
世界的認識。「『併合』だったゆえに他の帝国の植民地化よりも多くのいいこ
とをした」という数々の良策は事実だが、「それはどこの帝国もいうことで、
アフリカでも宗主国に対する消えない恨みは強い(M談)」ということで、ど
んな良策も支配の屈辱と弾圧暴力差別と後期の「皇民化」によりかき消されて
しまっているというのが実情なのだろう。良策が実って生活が楽になってから
戦争末期の「皇民化」独裁までの期間が長かった台湾では、日本の統治政策の
よい面も評価されており、良策が実ってすぐに「皇民化」となった韓国ではあ
りがたみが薄いという面もあるらしい。

=======================
●中国問題
=======================

 毛沢東(背後にロシア)の挑発および強い抗日運動により満州権益を侵され
たと、日本軍は政府の歯止めを無視して戦端を広げていく。満州は国際法的に
認められた日本領だという日本側の言い分を考慮しても、満州を出て戦端を広
げたんだから侵略戦争であったとしか言いようがない。軍による暴虐事例は日
中双方から無数に出ている。

----------------------
 中韓とも賠償は政府レベルの巨額援助で【事実上】決済済みだが、あいまい
ゆえ両国とも国民はそれを知らない。それに日本政府が抗議しない理由は不明。
どの程度「謝罪」したのかは不明。敗戦国が戦勝国に「謝罪」などした例はな
いと右派論客はいうが、暴虐行為についての謝罪は必要であり、それが十分であっ
たかは謝られる側に立たないと分からない。歴代首相の謝意表明は何度もあっ
たが、靖国神社参拝があるたびにリセットされてしまう。

 がしかし今回のアジアカップに見るように、反日・愛国セット教育により中
国の国民感情がいびつな形で膨れ上がっているのは事実で(※)、謝罪が十分
であったかどうかもこれがあるゆえに測定不能なのだ。暴虐事例を見聞きした
日本人ははなはだしく悔いているが、それが伝わっている様子はまるでないし。
カナダに来たときのESLで、留学生カナダ人合わせて50人ほど入った公開
プレゼンテーションで「日本はなぜ謝らないのか」と中国留学生に問い詰めら
れたことがあるが、あのときに俺が言った「人々は申し訳なく思っているが、
政府と右翼だけがそれを否定しているのだ。信じてもらうしかない」という説
明は、勉強しても変わらないのである。違うのは「右派論客は否定しているの
ではなく言い分があり、それが『否定・歴史認識不足』と捉えられているのだ」
ということだけ。

(※)ESLで中国人生徒を多く教えたMも、国威発揚型発想しか
しない生徒たちに苦労していた。中国の教育と日本の弱腰は
第三国の政治学者からも東アジア不安定要因と批判されてい
る。

 日本人は原爆や空襲でどれほど人が死んでも、現在は戦争を憎む気持ちに
100% 昇華されているが、これは戦後日本の「反戦争」教育の成果なのだろう。
空襲当時の作家の日記を読んで「やはり内地にいた一般人もこんなに反米意識
が強かったのか」と驚いたことがあるが、その後「米軍は○○万人を無慈悲に
殺したのだ、謝罪も補償もない」といった反米教育が続いていたら、今の中国
のようになっていた可能性もある。どちらかといえばやはり、日本式戦後教育
の方が望ましいのである。




幼稚園先生評論家になってしまった1週間
=======================
■.04/08/09(月) 11:18:52 □ B市サマースクール
=======================

 B市日本語学校サマースクール初日、クラスを1時間ほど見る。いつもの幼
稚園とほとんど同じようにダンスやクラフトから始まっていた。知らない先生
なので萌は静かだったが、ダンスはいつものように楽しんでいた。よし。じゃ
お父さんは買い物にいくよ。

----------------------
 でメトロタウンに移動。車でわずか5分で便利である。あーこれから3時ま
でなにをしてもいいなんて、なんか独身時代みたい \(~o~)/。

 しかしメトロタウンってバンクーバー最大のモールかと思ったのだが、年少
アジア出身ガールズ向けの店がやたらと目に付くだけで他と変わらん。ある店
も品揃えも地元コキットラムセンターと同じで、2時間でやることは尽きてし
まった。日本にいたときは、こんなときは古本屋を徹底的に回ってから電気店
で面白い新製品を眺めたりして充実したときを過ごせたものなのだが、カナダ
ではやることが思いつかない。

 というわけで時間を持て余して2時前に戻ってきてしまった。萌はドレスに
水着を重ね着して(?)ゴキゲン、お昼に水遊びもやったらしい。さすが5時
間となると盛りだくさんである。日本語ガールズが7人もボランティアでつい
ててくれるのがよい。「天才てれびくん」みたいな小学生ボランティアまでい
て驚いた。でもなんかダンスとか歌とか本の朗読とか、古めかしい感じ。萌幼
稚園でもそうだが、「いないいないばあ」みたいな楽しいダンスを取り入れれ
ばいいのに。あれと「おかあさんといっしょ」の歌は、国民歌として利用して
いいんじゃないかと思う。「天才てれびくん」はちょっと面白すぎて問題ある
かもしれんが(笑)。

----------------------
 帰路、萌に強い横Gを与えない範囲でもB市のコーナー群を楽しめた。この
頃特に左コーナーがなぜかいい。うちのレガシィは必要よりもちょっとだけ速
く走ることにより、きびっとした魂が宿る感じがする。単に駆動系の緩みが引
き締まるだけだが (^-^;。

 で PoCo まで快調に走ってきたのだが、Safeway 前でがきっと10分余の大
渋滞にはまってしまう。こんな渋滞はこれまで経験ないので事故だなと思って
いたら、今朝 Port Moody から Poco で銃乱射&カーチェイスというとんでも
ない事件があって、Lougheed がまる一日閉鎖されていたのだった。信じられ
ん。犯人は射殺され、追われてた女の人も重態でいったいなんだったのか不明
らしい(※)。併走してた一般車も被弾したという。恐ろしすぎ。

(※)翌日、被害女性に捨てられた男がストーカー化し、完全に切
れて女性を撃ってから警察に追われ大暴走したのだと新聞で
判明。一般の車にガンガンぶつかって信号を突っ切っていた
らしく、よく他に怪我人が出なかったものだ。

=======================
■.04/08/11(水) 11:28:33 □ デートしてる私たち
=======================

 萌を置いてから今日はMを送ってカレッジへ。Mの仕事が終わるのに時間が
かかり家に戻るには半端に時間になったので、そのままモールへランチを食べ
に行った。Mと二人だけで出かけるなんて萌が生まれてから初めてだと思い、
「俺たちデートしてるじゃん」と笑う。しかしその後ケンカとなる(泣)。

=======================
■.04/08/12(木) 10:45:58 □ Bernet Marine Park
=======================

 サマーコースのピクニックでビーチへ。涼しくてよいところである Bernet
Marine Park。これで砂のビーチで泳げるのなら最高なのだが、バンクーバー
近辺の水ではさすがに無理。でも岩場のカニ探しは楽しかった。

 しかしこの学校の方針というか先生の性格だろうが、こんないいところに来
てもスケジュールに沿った進行と写真撮影にばかり気が行っていて、やたらと
遊びを中止させられるのがつまらない。わーカニだカニだと必死に追いかけて
るときに、「萌ちゃん! お父さん! こっち! 写真撮ります!」と言われ
た。このクラスでは子供たちが遊んでいるときにいつもこうしてぴたっと止め
られポーズを取らされて阿呆らしいと思っていたので、いいから勝手に横顔で
も後ろ顔でも撮ってくだされと思って俺はカニに集中していたのだが、俺がカ
メラを向いてニコリと笑うまでは全員がフリーズさせられて待機状態になって
しまったので、記念撮影笑顔を作らざるを得ない。この先生の写真で萌がいつ
も不自然な笑顔をしてる理由はまさにこれなのである。

 ゲームも盛りだくさんだったけどスイカ割り等順番待ち時間が長いので、3
〜4歳の子供たちにとっては単に遊びを中断されるというだけで盛り上がらな
い。「宝探し」をやれば何人もが「ハズレくじ」を探し当て、「これなにも書
いてないよ」と憮然としていたし(―――ハズレの子も後から賞品は同じもの
をもらったが、宝を探し当てる喜びを味わえない「宝探し」なんて―――)、
この学校の先生たちは子供の顔を見てやってるのかなあと考える。水分食物補
給とかグループから離れた子の捕捉とかも、客観的に見て万全ではない。

 カニ探しのあたりは俺もボランティア父兄として知ってる子たちの世話をし
ていたのだが、スイカ割りのあたりからはなんか気ぜわな行事に参加する気が
せず、遠巻きに眺めていた。実際解散してからの友達同士での自由な遊びのほ
うが、萌は盛り上がっていたと思う。広大な砂浜と森の中でかくれんぼ。最高。

=======================
■.04/08/13(金) 23:07:14 □ サマースクール終了
=======================

 サマースクールおしまい。5日間は実にあっという間であった。たまってい
た用足しのほかにクラスを見たりピクニックに参加したりで、俺が自由時間を
取ったのはじっさい月曜日だけであった。でもまあ俺は他のお母さんたちより
子供人数と家事が少なく恵まれているから、その分の時間とエネルギーを萌の
ためにこうして使っているわけである。そういえばおとといMとケンカしたか
らなのか、俺とMが離婚をして、それでも俺はMと萌のことを変わらず大事に
思い、陰に日向に二人を助けるという泣かせる夢を見た (^_^;。

----------------------
 今日は事情によりLちゃんとKDをレガシィに乗せ、3人大騒ぎでやって来
た。萌たちを置いた後またマザーズの会に招かれる。うちの近くでは手に入ら
ないサバ弁当を買ってきてうまいうますぎる食べていると自然とサマースクー
ルの話となり、「この学校いいわよねー」とお母さん方は俺と異なる意見なの
だった。たとえば写真ばっかり撮ってないで子供の顔を見てほしいと俺は思っ
ていたのだが、「あの先生は写真もたくさん撮ってくれて、よくやってくれる」
とそれが好評なのだった。あの先生が撮る子供の写真は不自然だなあと思う俺
は、最終行事のスライドショーを見もしなかったのだが(萌のためにはスライ
ドショーを一緒に見てやるべきだったと反省)。

 まいいか、子供たちはいずれにせよ楽しんでいたから、細かいことは言わな
くてもいいかと俺は黙る。それに実際ERちゃんなんかはグループ遊びに開眼
したこの夏このコースの内容がちょうどマッチしたようで、ボランティアのお
姉さんたちとコミュニケートする様が目覚ましいまでの発達ぶりであったし。
そう俺の観察を伝えるとERちゃんのお母さんは、「そういってもらえると涙
が出そう」と喜んでいた。そういう面では評価すべきだろう。それに萌のコキッ
トラム幼稚園ではこういう長時間盛りだくさんのサマーコースを用意していな
いので、それを思えばありがたい。来年も萌をここに連れてくるだろうと思う。

 俺は幼稚園の先生というのを、子供と遊ぶプロの芸能家みたいに感じており、
ここの先生はその点ではコキットラム幼稚園のMS先生にかなわない。子供と
遊んでいながらボランティアの人と親にだけ分かるギャグをこの先生は頻発す
るのだが、そういうことを決して言わず小さなギャグで子供を笑わせるMS先
生の方がスマートだ。写真の豊富さやこうしたギャグは親へのサービスであっ
て、本質的とは思わない。俺が週1回のコキットラム幼稚園クラスをずっと参
観していて飽きなかったのは、MS先生と子供たちのやり取りが面白かったか
らなのだ......などと幼稚園先生評論家になってしまった1週間であった。



雑文目次 / サカタ@カナダ Home